トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
buona Forche...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリアで映画を観る~la migliore offerta(Best offer)~
f0229410_19405951.jpg最近、私の中でブームを迎えている映画鑑賞。

映画は元々好きではあったものの、トラーパニの映画館のチョイスはイマイチだったため、もっぱら家でSKYにお世話になっていた私。が、お正月明け、突然思い立って映画館へ足を運んでみたところ、やっぱり大画面はいいな~、、、なんて思い始め、3週連続で週末映画鑑賞となったわけで。

今週選んだのは、la migliore offerta、英題はthe best offer。ニューシネマパラダイスで有名なジュゼッペ・トルナトーレ監督、エンニオ・モリコーネ音楽担当、と黄金コンビの最新作です。予告編を見ると、今までとちょっと芸風が違って、非常にスリリングな感じ。まぁ、黄金コンビだし、友達も面白かった!って言っていたし、、、という事で、あまり前情報を得ることなく映画館へ。

イタリアでは映画は夜に見るもの。昼の上映はありません。(少なくともトラーパニでは)18:00、20:00、22:00と、大体3回上映されるのですが、一番人気は22:00。さすが夜行性イタリア人(笑)夕食を食べてからの映画鑑賞です。私が行くのは20:00。なぜなら席はガラガラで落ち着いてゆっくりと鑑賞できるから。映画を観ながらコメントし始めてしまうイタリア人も多いので、ギシギシの中での鑑賞は避けたいと事です(汗)

さて、この映画、、、、。「ほんもの」と「にせもの」が全体の大きなテーマとなっていて。世界的超一流の美術品鑑定士Mr.Oldmanを中心に、人生、友情、愛情、、、色々な事がテーマに展開されていきます。そして、最後は、思わず館内がどよめくほどのびっくりな結末。本当に館内どよめきました。そして私もあっけにとられ。映画が終わった後はしばし放心状態になりました、、、。

映画の後は食事に行ったのですが、そういえばあの時のあのシーンは、、、あの時のあのセリフは、、、あれ?あのシーンも伏線だったんじゃない?結末を知ってみれば、映画の中にはたっくさんの伏線があった事に気が付きます。しかし、誰もが予想できない結末に、むぅぅぅぅ~、と唸ってしまいました。素晴らしい。

映像自体もすごく美しいです。どこの街だとか、どこの民族だとか、設定もよくわかりません。言語は英語、私が見たのはイタリア語吹き替え版。イタリア語で見るとイタリアで展開されているような話のような気にもなってきますが、実際はどういう想定だったんでしょうね?美しい映像、そしてちょっとスリリングな展開、最後の大どんでん返し、、、もう一回、じっくりと見てみたい映画です。

冬の寒い夜は映画館。しばらくマイブームは続きそうです。
[PR]
# by sicilia_trapani2 | 2013-01-27 19:40 | オススメの本・映画
や、やった~~~!ついに!!
現在、超興奮状態です(笑)

何が起こったかというと、、、

tempo indterminato(無期限)の滞在許可書が取れた!」

いや、正確には申請が終わった、、、か。実際、現物を見るまではちょっと信じられないんですけどね(苦笑)とにかく、いま、警察から戻ってきたばかりで、興奮状態。手もワナワナ震えている感じで(笑)

何を大げさな~、、、と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、私にとっては本当に嬉しいこの出来事。期待していませんでしたから。

って、話がよく分からない方のために、今までの経緯をかいつまんで説明すると。

2004年に学生、且つ、お店でスタージュ可能、というビザでイタリアに入国して滞在許可証を取得した私。その後、1年半経った2006年にそれは期限切れとなり、それと共に、イタリア残留を決意した私。しかし、、、どうやって残留するのよ!?滞在許可証の問題が大きな壁となりました。その頃は現在のパートナーC氏と付き合って1年弱という状態でしたが、お互いの中で私がイタリアに残るために「結婚する」、という選択はありませんでした。それが私の滞在目的でもなかったわけだし、お互い人生色々な事を経験して来ていたわけなので、私の中にも「お互い自立した存在でいたい」という気持ちが強く。C氏もその時点では「キミの人生の責任を現時点では負えない」と。その時は、なぬ~、そんな事をよくもヌケヌケと正面きって言えるな~、、、って思いましたが、後から考えてみればC氏は非常に責任感が強く。確信を持てない事を、なんとなく流れに流されて、、、という事ができない性格。あの時はすごく真剣に考えていたからこそ、出てきた言葉だったのだな~、と。

という事で、私は「結婚」という選択以外の滞在方法を見つけなければなりませんでした。

それがイタリア政府との戦いの始まり(笑)なんせ何も分からないところから、私がここで仕事をするために「visto di lavoro autonomo(自営業ビザ)」を取ろうと思ったわけですから。

イタリアには自営業ビザのほかに、従業員ビザというのがあって、会社に雇用された場合、雇用主が書類を揃えて取れるビザがあります。さらに、雇われた先から書類をもらって自営業ビザを申請する、という事もできます。しかし、私の場合、従業員になるわけでもないわけで。つまり、書類を出してくれるツテはどこにもないわけで。どうしたらいいのかしら、、、とインターネットで情報を収集しながら、途方にくれている中、C氏は分厚いイミグレーションの法律を毎日読み漁り、数ヵ月後に「もしや、、、」と思われる法律を探してきました。しかし、法律はものすごく抽象的に書かれているわけで。必要書類はコレとコレとコレとコレで、、、なんて書かれているわけもなく。その法律を持って、警察、商業局、市役所、などなど、情報収集に走る毎日。そんな中、当時、移民法をどんどん厳しくしていったベルルスコーニからプローディに政権移動、という事件も置き。プローディに政権が移動した半年ほど、移民に関する仕事はピタリと止まってしまったのです。書類も出なければ、何も動かない、当然、日本のイタリア大使館でのビザ発行業務も止まっていました。

。。。と、話始めると、止まらなくなるのでこの辺でやめておきます(笑)

結局、イタリア政府と戦う事1年半、ようやくようやく自営業用のビザを取得したのが2008年1月だったのです。あの時は本当に涙が出るほど嬉しかった、、、。(その時のブログはこちらから)

イタリアの滞在許可証は申請が本当に面倒くさく、警察の対応も悪い、と、あちらこちらで悪評を聞きます。が、家族ビザや従業員ビザは、大変だけれども、いつか必ず取れるもの。私のビザは、それは時の運にも寄るもので、、、。とあるお客様から聞いた話では、

「REIさんと同じ時期に、僕の友達がブルガリのデザイナーとして雇われたんですけどね。結局、従業員ビザが大使館から下りなくって、彼は諦めたんですよ。そんな時期に、REIさん、よく自営業ビザが取れましたねー。」

と。ほんと、当時、そんな時期だったんです、イタリア。ちなみに私が適用した法律でビザが下りたのは、なんと!私がイタリア全国で史上初めてだったそうです、、、そんなほぼ不可能に近い法律が存在するイタリア(笑)

で、あれから5年。毎年1月に滞在許可証の更新をしなければならないわけですが、今回の5回目の更新ではCarta di soggiorno(カルタ ディ ソッジョルノ)という、言ってみれば永住権みたいな滞在許可証を申請できる年だったのです。私にとって、この時点で今年の申請はとっても大きな意味を持つものでした。けじめというか、区切りというか。この日を目指して頑張ってきた、という感じもします。でもこの5年目で申請できる滞在許可証は、「永住権」にも関わらず何故か5年更新、、、という話を聞いていました。なんとも矛盾(笑)それでも、私にとってはCarta di soggiornoには変わらないわけで。やっぱり特別な意味を持っていた今年の更新だったのです。

先日、郵便局に必要書類を持って行き、

「あ~、、、やっと5年だ、、、。」

と、一人でちょっと感動的な気分になっていた私。郵便局に持っていった書類は、どこかの集中センターを経て、トラーパニの警察署に戻ってきます。(無駄な作業ですけどねー、これ)で、本日、警察署に必要書類を持参して、最後の手続きに行ってきました。

「今回のは5年間でしょ?でも、5年後にまた更新だよね?」

と指紋取りながら確認してみたところ、

「いや、tempo indeterminato(無期限)だよ。犯罪さえ犯さなければね~・笑」

え、ええ、えええ!?無期限、そうなの?本当に?本当に無期限なの??、、、信じ難い。本当に信じ難い。で、何度も確認してみたけど、本当らしい、、、、っ!家族滞在許可証は5年更新らしいのですが、自営業滞在許可証は5年目に無期限が発行されるそうで。

思わずガッツポーズ!!本当に飛び上がって喜んだ私(笑)周りの人は笑っていましたけどね、、、。

本当に嬉しいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~!!!!!!

とは言えども、、、やっぱり現物を手にするまでは信じ難い(笑)もしかしたら、

「やっぱり5年更新だったよー」

なんてことも有り得るかも、、、、ここイタリアだし(笑)

と、このブログを書きながらも、まだ興奮状態の私です(笑)今日はお祝いだ!

念のために付け加えておくと。
正確に言えば、更新が本当になければそりゃもちろん嬉しいわけなのですが、この自営業ビザの取得がとても難しい時代に家族ビザではなく自力で無期限滞在許可証が取れたことに、個人的満足感がたっぷりなんです(笑)更新があってもこの喜びは変わりません。かつては学生ビザからいきなり労働ビザに書き換えができた、という話も聞きます。そのころ私はイタリアにいなかったので、ウソか誠は知りませんが。でも人生最大の困難かも、、、と当時、我ながら思った自営業ビザ獲得。だからこそ嬉しいんです。そうじゃなかったらこんなに喜んでいないかも(笑)そもそも結婚が目的での移住なら家族ビザでも自分で納得が行くわけなんですが、イタリアに残った理由がそうじゃなかったから、、、とにかくめでたいのだ!こんな事で~、とお思いの皆様、個人的満足、そしてこのブログは一個人のブログですので、どうぞ喜び私を横目に見ながら放置しておいてください(笑)

イタリアは一筋縄ではいかない国ですが、こうして1つ1つ、目の前にある壁をブチ壊していく達成感、、、これはとてもスリリングでもあり、なかなか味わえない感覚かも(笑)そんなイタリアに、そして結局最終的に無期限滞在許可証を発行してくれる(であろう)イタリアに、、、Viva Viva!!!

いつも応援してくださる皆さん、本当にありがとうございます。この喜びを伝えたくってワナワナしながらこのブログを書いています(笑)月並みですが、私をいつも励まし支えてくれる日本の家族、友達に感謝感謝♪ 

そしてスペシャルサンクスは、、、やっぱりC氏!2006年にビザ問題を抱え込んでから、いつも隣で私のために動いてくれました。時には、商業局の人と大喧嘩し、時にはドスが聞いた声で脅し(合法的に・笑)、時には警察の中を駆けずり回り書類を手配してくれ、、、本人にはあまり感謝の気持ちを表したことがありませんが、心の中では感謝しています(笑)

今日、書類を提出するにも、あれが足りない、これが足りない、、、書類を取りに行ったら、支払われてないから払ってきてくれ(会計士が払うはずの支払だったのですが・汗)、、、って、3時間トラーパニの街を駆けずり回った私。でも、そんな事は全て帳消し!現在、本当に笑いが止まらないくらいの喜びです、、、(笑)

イタリア滞在の大きな区切り、それも予想外に想定以上に大きな形で区切りとなった2013年。これからも、とかく忘れがちな「感謝」の気持ちを忘れずに、自分らしく、そしてしなやかに生きていきたいと思います。

この興奮したエントリーを最後まで読んでくださりありがとうございます♪
[PR]
# by sicilia_trapani2 | 2013-01-24 21:50 | 私のつぶやき&日常
トラーパニのマドンナは大人気!
f0229410_1645121.jpg


トラーパニではマドンナ=マリア様が絶大なる人気を誇っています。

イタリアでは毎日その日にちなんだ「聖人」が定められている事は今までにも何度か触れてきました。(オノマスティコと呼ばれています)例えば昨日、1月21日は「Agnese vergine」。この日はAgnese(アニェーゼ)という名前の人は「Auguri!(アウグーリ!)」と皆から言われたり、自ら簡単なパーティーを開いてお祝いする人もいたり。第2の誕生日とも密かに言われていたり。そして、街には必ず一人守護聖人がいて、その聖人のオノマスティコの日はその街は祝日となるのです。トラーパニの守護聖人は「Sant'Antonio」、つまりアントニオが守護聖人で8月7日が祝日となります。

が、トラーパニではアントニオさんよりもマドンナ=マリア様が絶大なる人気なのです。

8月16日はトラーパニでは「マドンナの日」と言われていて、この日はマリア様をお祝いする日。マリア様は神輿に担がれ街を練り歩いた後、教会に戻ります。そして0:00になると港で花火が上がるのです。この日の盛り上がり方、、、それはすごいものがあり。ちなみにアントニオさんの日もお祝いはするのですが、、マドンナの日に比べたら地味なもので。

マドンナは旧市街からちょっと離れたアヌンツィアータ聖所にいます。トラーパニで採石された大理石に囲まれ、2人の天使を横に、キリストを抱いています。その笑顔は本当に優しく美しく。べっぴんさん♪ トラーパニの人はここに来て、マドンナとご対面しながらマドンナとお話し、祈りを捧げます。たくさんのミラーコロ(奇跡)を呼んだとも言われてます。

奇跡は信じない私ですが、マドンナを見ていると確かに心安らぐような、、、。弥勒菩薩に通じる穏やかさを感じるのです。

宗教の根源は、

「人間を苦悩から救うもの」

と考えています。それはキリスト教でも仏教でも同じ。トラーパニのマドンナはどれだけの人の苦悩を救ってきた事か、、、。そしてこれからもたくさんの人の苦悩を救う事でしょう。

アヌンツィアータ聖所は旧市街から徒歩30分程度。是非訪れてみてください。

■ Santuario di Maria SS. Annunziata

Via Conte Agostino Pepoli, 179

*トラーパニ新市街の大通りVia Fardella(ヴィア ファルデッラ)をひたすら直進。左手に巨大なベネトンが見えてきたら、右斜め前に続く道(Via Conte Agostino Pepoli)にそれる。そして更に直進すると右手に見えてきます。トラーパニ旧市街中心地から徒歩約30分。市バスも通りますが、歩いても十分にいける距離。Via Fardella沿いにはお店が並んでいるので、ショッピングをしながら歩くのも楽しいと思います。
[PR]
# by sicilia_trapani2 | 2013-01-22 16:55 | トラーパニ観光案内
トラーパニにも不況がやってきた?
f0229410_20304585.jpg最近トラーパニのチェントロでこんな(→)風景を良く見かけます。

cedere=自己の権利を譲渡する

つまり、お店を閉める、という事です。

お店を閉めるに当たっては、自分が獲得した(買った)お店の権利を、誰かに譲渡する(売る)訳です。閉じたお店は紙で中が見えないようになっているのですが、今年の冬、トラーパニのチェントロ(旧市街)でどれだけのこんなお店を見たことか、、、。ここに暮らして8年になりますが、今までに見たことがないほどの勢いです。

ついにトラーパニにも不況がやってきたか、、、。

トラーパニは、県庁所在地であるので、他の街に比べれば比較的公務員率も高く、それが故に国や市から請け負う仕事も多いため、比較的潤っている市です。街の中には3歩歩けば銀行、というくらい銀行が多い、という事は、お金の流れもそれだけある、という証拠で。トラーパニの街には家具屋、靴屋、化粧品屋が異常に多いというのも、それなりに消費する層がいる、という証でもあります。

私がこの街にやってきた2005年、トラーパニではヨットのワールドカップ、アメリカズカップの前哨戦のルイ・ヴィトンカップが開催されました。と同時に、トラーパニ空港にライアンエアーが大量に就航し、この8年で大きく変わりました。数年前まではプチバブル状態だったトラーパニのバブルも、ついに弾けたか、、、。


f0229410_204425.jpg左の写真はMarina Rinaldiのお店は閉めて、Max Maraの店内で販売します、というお知らせ。おそらくいずれも家賃が維持できなくなったのでしょう。でも、閉店しないだけまだ買う人がいるということ。

驚くのがチェントロにあるTod'sやPRADAの靴を売るお店はいつも大盛況。ブランド物を売っているセレクトショップも店舗展開をして勢力を伸ばしています。一方、今まで閑古鳥が鳴いていた中国人ショップ(中国人経営の超激安のお店)にもチョロチョロと人が入っているのをみかけます。トラーパニもやっぱり二極化が進んでいるんですかね~。

2月末に首相選挙を控えるイタリア。テレビでは連日、政治家が出演してそれぞれの政策を語っています。国の政策ももちろんなのですが、ここに住んでいるとやっぱりラテン人気質もこの不況に一役買っているのでは?と思うことも多々あり。でも、そのラテン人気質がもたらす良い面がある事も事実で。

非常に微妙な局面のイタリアなのでした。

1月2月は1年の中でも一番観光が冷え込むトラーパニの街。今年の夏には、また元気の良いトラーパニの街が見れるといいな~。
[PR]
# by sicilia_trapani2 | 2013-01-18 20:53 | トラーパニの風景(街)
近況色々
f0229410_19305088.jpg


お正月に更新して以来、気が付いてみたらもう2週間が経ち、、、1月も半ばに差し掛かってしまいました(汗)時が経つのは相変わらず早くって、そしてそれは毎年加速している、、、このまま行くと、すぐにおばあちゃんになっちゃいそうで怖いです(苦笑)

ご無沙汰していますが私は元気にしています♪ 今年のトラーパニは比較的暖冬。日中の室温は15度。朝と晩に2時間ずつ暖房を付けるだけで、後は厚着をして暖房無しで過ごしています。毎年この時期になると、寒いとか暖房だとかそんな話題を必ず書くのですが、ここシチリアは微妙に暖かいため暖房設備が甘いんです。そして家は夏の暑さ対策用に作られているので、冬は当然寒く、、、。12月にウィーンに行った時、家の中の温度にびっくりした私。半袖でも暮らせるっ!なんせ15度の生活に慣れていますからね(笑)

毎年この時期はその年1年の企画を立てたり、準備をしたり、前年度のお会計に終われたり。家での事務仕事三昧の期間です。その分、1年の間でもっとも自分のペースで仕事が進められる時期でもあり。今も、今年開催予定のイベントや、早くも2014年に始めるオリーブオイル関連の新規企画実現に向けてウンウンと頭を悩ましているところです。今年も少しずつですが進化できる年にしようっ!

そしてひとつお知らせです。このブログの一番上のエントリーは、しばらくの間、皆さんへのお知らせを掲示する欄にしたいと思います。更新はその下のエントリーからご覧下さい。現在お知らせ欄に書いてあるメルマガ、皆さんご登録いただけましたでしょうか?今後、REIの料理教室 in JAPAN、オリーブオイルセミナ等々のご案内は、一番最初にメルマガで行う予定です。その次にブログ、FB、、、とネット上に公開します。今まで「優先予約」として送っていた個々へのメールは、メールが届かない方も多くって不公平になってしまう、、、という理由で廃止する事に致しました。ご登録がまだの方は、下記URLから是非ご登録をお願いします♪ まぐまぐ君よ、頑張って皆様にメルマガを配ってくれよっ!

■ ターボラ シチリアーナ通信 ~美味しい&幸せなシチリアの食卓~ ■
http://www.mag2.com/m/0001581661.html

近いうちに、今年のREIの料理教室 in JAPANのご案内をお送りする予定です♪

今日は東京から

「雪が積もったよ~!」

という、お便りをたくさんいただきました。写真を見ると本当にすごいっ!こんなに積もったのは久しぶりでは?3連休明けの明日、交通網は麻痺しているかも知れないし、路面は凍っているかもしれない、、、皆さんどうぞお気をつけて出勤を!そして風邪を引かぬよう、暖かい格好でお出かけくださいね~。現在インフルエンザが蔓延するイタリア。どうやら私もウィルスをどこかでもらってきた模様です、、、(涙)
[PR]
# by sicilia_trapani2 | 2013-01-14 19:50 | 私のつぶやき&日常