トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
「自分でつくるレストラン...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
トラーパニにも秋がやってきました
f0229410_16441697.jpg


先週まではまだ海で泳いでいる人もいたのに、数日前からググッと気温が下がってやっと秋らしくなりました。

とは言え、日中は自称25度(天気予報では)。太陽が出れば体感温度はもっと高く。最低気温は自称17度。実際にはガクっと気温が下がったためもっと寒く感じます。先週末でサマータイムも終わり、いよいよ秋本番、、、、と思っていたら、本当にいきなり秋がやってきたのです。

ここのところ、お天気もぐずつき気味。晴れる日もあるけれど、雨の日も多い。今年の夏は本当に暑くって、雨が10月に入るまで全く降らず、土にとっては待っていました!の恵みの雨。土にとっては人工的に散水する水よりも、天然の水(雨)の方が嬉しい模様。今年は全体的に遅れているオリーブの成長も一気に活気付いてきたようです!

写真は、昨日丘の上にあるワイナリーから眺めたエガディ諸島。雲の感じに夏が終わったことを感じました。

さて皆さんにお知らせです!

来年からラ ターボラ シチリアーナでは「シチリア食材&シチリアワイン」を少しずつですが日本に紹介させていただくこととなりました!食材やワインを販売するだけではなく、どうやったら美味しく食べられるのか、どんなワインと合うのか、そんな事も含めて、「シチリアの食」をトータルで楽しんでいただけるシチリアコーナーを作りたいのです。私はシチリアにいるため、もちろん日本でお店を持つ、、、というのは無理。なので、日本全国各地の食材ショップさんの一角に「シチリアコーナー」を作ることが出来たら嬉しく♪

とは言え、まだまだ道のりは遠く(笑)現在、私が厳選した食材サンプルを集めている最中でして。これがシチリア人らしく、なかなか集まらない(苦笑)11月上旬には(ってもう明日から11月!・汗)日本にサンプルを発送して、協力してくださるインポーターさんと話し合って、来年早々には出荷したい、、、と思っているのですが、ここはシチリア。クリスマスだー、ニューイヤーだー、カーニバルだー、パスクワ(復活祭)だー、とこの後イベントだらけ。イベント最中は休日になってしまいますからね~(汗)

とにかく、出来るだけ早く日本の皆さんにご紹介できるようがんばりマス!

さて、今週末はオリーブ収穫♪ お天気になることを祈るのみ!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-31 17:03 | トラーパニの風景(自然)
シチリア南東部への旅 @ ラ ターボラ シチリアーナ
先週末は1泊2日でシチリア南東部まで強行ツアー!

トラーパニからシチリア南東部まで一番近いルートを通って約300キロ。そしてその大半が高速ではなく国道、、、と車でかっとばして4時間半という遠い道のりです。私が運転したら6時間以上かかりそうです。

本来ならカターニャを中心にじっくりと周っていただきたいシチリア南東部ですが、

「まずはハイライトでもいいからチョロっと覗いてみたい!」

というお客様の要望も絶えず。今年2回目のシチリア南東部1泊2日の旅に行ってきました。

せっかく遠くまで行くなら、その途中の街にも寄りたい!今回の道のりは

トラーパニ → 中世の街チェファルー → シチリア陶器の街カルタジローネ → 世界遺産ラグーサ → チョコレートの街モディカ → トラーパニ

2日間で800キロの旅でした。

1日目、最初の街チェファルーは石畳の中世の街なのに、街の中に海岸がある、、、という珍しいシチュエーション。ここでは「全能の神キリスト」のモザイクがある美しいドォーモを見学した後、海辺のレストランで海の幸を楽しみ♪

f0229410_2575622.jpg


カルタジローネでは例の階段を息を切らせながら登り(笑)いつもながらにショッピングを楽しみました。

f0229410_304812.jpg


土曜日なのに結構閉まっているお店も多く。とは言えどカルタジローネ!階段近くだけでも一体どれだけのお店がある事やら、、、、(汗)一緒に行ったお客様の買いっぷりのよさに本当に満足した私!

実はカルタジローネ、私にとって鬼門の街の一つ。行く度に何かが起こるのです、、、、。今回もまた、想像通りでして。先週の大雨でなんとカルタジローネに行く道が閉鎖(涙)他にも道はあるのですがすっごく遠回り、、、、且つ複雑(汗)迷わずに到着しましたが冷や汗もんでした。そして、お客様がたっぷりと買い物をしている姿を見て一安心するのでした。(こんなに頑張って来て、1枚もお皿買わなかったら悲しいし・笑)

今回の宿泊はカルタジローネ近くのアグリ。でっかいお屋敷の中に私達だけ(笑)1700年代の古いヴィッラを改装したらしく、お部屋にはアンティークの家具がおかれていました。夕食もお宿にて。

翌朝、向かうは世界遺産ラグーサ。

f0229410_38914.jpg


いつ見ても本当に美しいピアッツァ ドォーモ。かつてモディカに住んでいた時は、時折やってきてウロウロしていたのでとっても懐かしい。今はいつも早足でサーっと立ち去ってしまいますが、またゆっくりと滞在したい街のひとつなのです。

さてさて、その後は古巣モディカへ。

昔働いていたモディカで一番古いお菓子屋さん「ボナユート」。懐かしい面々に会いに行きました。いつも温かく迎えてくれる彼ら、シチリアに来た頃を思い出します。。。。2004年12月、ここが一番最初のスタージュ先でしたから。想い出がいっぱいの街なのです。

モディカ バッサ(モディカ旧市街)のメインストリートはかつて川でした。その川を谷底をした渓谷を利用して拓けてきたモディカ。家は渓谷に沿って貼りつくように建てられています。メインストリートから細い階段を登って登って登って、、、、ついた!

f0229410_3125020.jpg


褪せた屋根の色が異次元空間を醸し出します。

モディカはジャリジャリした食感の「モディカチョコ」で近年一気に有名になり、観光客も途絶える事がないらしく。街にも新しいオサレBarができたりしてちょっと普通の街?っぽくなってきました。が、私が到着した2004年は今よりも、もっともっとレトロな雰囲気が漂っていた街だったのです。まさに異次元空間。一番最初に着いた夜は

「ここどこ?本当にイタリアなの?」

と思ったほど、なんだか「違う空気」が流れていたのです。

メインストリートはちょっと現代っぽくなりましたが、階段の上から見る風景は変わらず、、、、ちょっとほっとするのでした。

モディカを最後にトラーパニを目指して一気に車をかっ飛ばして帰ってきた今回のシチリア南東部弾丸ツアー。街の滞在時間はたくさん取れないけれど、西シチリアと違う雰囲気を楽しんでいただけていたら嬉しいなぁ~♪

11月に予定していた「東シチリアツアー」は私の都合により中止となってしまいました。その分、来年の春に開催しようかどうか、、、迷っている最中です。もし、春に東シチリアツアーを開催したら是非参加したい!という方、大体いつ頃がよいか、どの街に行きたいか、などなど、ご希望をお書きの上、メール or コメントでご連絡くださいませ!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-23 03:15 | シチリア街歩き(南東部)
真っ赤な夕陽を眺めながらシチリアワインを楽しむ
f0229410_1575420.jpg


ただ今、8泊9日の「じっくり西シチリア&シチリア南東部ハイライトプラン」開催真っ最中!

昨日はマルサラ郊外のお宿にて料理教室でした。約1時間半~2時間の料理教室を終わった後、すぐに食事!もいいのですが、少し休んでいただいてからゆっくり食事をしたほうが楽しめるかな?という私の思いから、レッスンはいつも少し早めに始めて夕食までの間は少し休憩。

昨日は休憩中にテラスに登ったら美しい夕陽がちょうど見えました。即効ワインを持ってきてもらいアペリティーヴォ開始!

いや~、美しく贅沢な時間だった!

このお宿で料理教室を始めてから既に5年が経ちました。でも、こんなにピッタリなタイミングで夕陽を見ながらワインを飲むことが出来たのは初めて!

そして夕陽が沈んだ後も続く絶景。

f0229410_15125872.jpg


写真では一部しか見れませんが、実際は見渡す限りこんな風景が360度広がります。それはそれは言葉では言い表せない美しさです。

仕事をしながらも十分に充電が出来た昨日のアペリティーヴォ。さて、今日も頑張ってきます!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-18 15:16 | トラーパニの風景(自然)
雨上がりのトラーパニ旧市街
f0229410_5412922.jpg


本格的な季節の変わり目を迎えたトラーパニ。今日は朝は天気も悪くなかったのに、午後から急に崩れ。トラーパニの街は集中豪雨となりました。

雨は好きじゃありませんが、夕方に雨が降った日、その夜のトラーパニ旧市街は本当に美しくって。

オレンジ色の街灯が濡れた石畳に反射して街はキラキラと輝き始めます。雨が降った日の夜は人も少なく、オレンジ色に輝く街を独り占め!それはそれは贅沢な夜のお散歩♪

こんなトラーパニが見れるなら、雨も悪くないかな♪
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-16 05:46 | トラーパニの風景(街)
トラーパニにもそろそろ秋の足音が聞こえてきました
f0229410_044365.jpg


10月も中盤になり、、、ようやく秋の足音が聞こえてきたトラーパニです。

ここはやっぱり南なんだな~、、、、と感じるのは、今の時期と春先。イタリア中~北部は8月が終わって9月の声を聞くと同時に朝晩は段々涼しくなってくるわけですが、ここトラーパニで秋を感じられるのは10月の中盤以降。とはいえ、今だって日中は海岸で日焼け(もちろん水着にて)している人もいれば、泳いでいる人だっています。ただ、夕暮れ時の風景を見るとやっぱり秋を感じます。

写真はトラーパニの最西端リニーの塔の屋上から撮った夕暮れのトラーパニ。夏のトラーパニも賑やかでいいのですが、秋のトラーパニはちょっとしっとりしていて哀愁を感じる感じで、、、これまたオススメの時期でもあるのです。

そして、個人的に一番秋を一番感じるのは、

「オリーブの収穫」

ここトラーパニは、イタリアの中でも一番オリーブオイルの収穫が早く行われる地区。もうそろそろ始まるところもあります。

「今年はいつオリーブの収穫するの?」

なんて言葉が街ではチラホラ聞かれるようになる今日この頃。やっぱり秋が近づいているトラーパニなのでした。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-12 00:11 | トラーパニの風景(自然)
オリーブの木のオーナーになりませんか?~2012年Venvs et Salvsオリーブの木オーナー制度のお知らせ~
f0229410_2075032.jpg


今年で早くも4年目を迎えたVenvs et Salvs(ヴェヌス エ サルス)オリーブの木オーナー制度。

今から約20年前、トラーパニの敏腕オリーブオイル生産者アルベルト・ガッルッフォ氏が自分が幼少期よく遊んでいた、という思い入れのある場所にオリーブの木を50本植えました。15年間という長い年月、アルベルト氏はオリーブの木を、そして畑を丁寧丁寧に手入れしてきました。そんな大切に育てたオリーブの木に、宝石のような美しいオリーブが毎年たわわに実るようになりました。アルベルト氏は、

「自分が大切に、子供のように育ててきたオリーブの木、そしてその実からとれる絞りたて極上オリーブオイルを、その価値を分かってくれる人と共有したい」

そんな事を思い始めました。

f0229410_20192931.jpg


私がトラーパニに来た年に知り合ったアルベルト氏。その頃からそんな話を少し聞いていましたが、その翌年、真剣にVenvs et Salvs(その当時はこの名前も付いていませんでした)の話をするようになりました。それから3年間、情熱的に語るアルベルト氏の想いを叶えてあげよう、彼の熱意にほだされた私。2009年、初めて誕生したVenvs et Salvsオリーブの木オーナー制度でした。

アルベルト氏も私も、初年度オーナー様のご意見をドキドキして待っていたところ、非常に好評で、、、

「これからも続けて欲しい」

という多くの要望を頂きました。

そして今年4年目。

Venvs et Salvsは毎年少しずつ変化を遂げて、日本のオーナーの皆様に毎年絞りたてオリーブオイルをお届けしています♪

今年もタワワになっているオリーブの実、今年はオリーブオイルができるかな?

f0229410_2023044.jpg


ヴェヌス エ サルスではただ今、2012年度のオーナー様を募集中です!
↓ 詳しくはこちらを♪ ↓

オリーブの木オーナー制度Venvs et Salvs(ヴェヌス エ サルス)ホームページ
http://www.venusetsalus.com/

[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-08 20:23 | お知らせ
夕暮れ時からが美しいリパリ島
f0229410_20515754.jpg


エオリア諸島7島の中で最大の島、リパリ島。

シチリアの諸島と言えば、今回バカンスに行ったエオリエ諸島、トラーパニの更に西に浮かぶエガディ諸島、シチリアの南ペラージェ諸島、そして諸島ではないけれど、パンテッレリア島、ウスティカ島。シチリア自体が島ですが、島から行く島が結構たくさんあるものです。

それぞれの島に特産物があったり、島によって微妙に雰囲気が違ったりするわけですが、リパリ島はチェントロの大きさでは一番!と言える島でしょう。私が想像していたよりも大きく、そして拓けていました。(そりゃバカンスの島ですからね~。)

上の写真は旧市街の小さな港、マリーナ コルタ。港沿いにはバールがズラリと並ぶのですが、バカンスで来た人も、地元の人も集う広場。建物の前にはお店が並んでいるのですが、ちょっと離れて見てみると、建物は古いものをそのまま利用しています。目の前からは海に行くための小船(私もここから乗りました~)が出ています。ちょっと疲れたらここに座ってグラニータやカッフェを食べながら休んだり、食事の前にちょっとアペリティーヴォ、、、いつも賑わっていました。

f0229410_20565588.jpg


日中の真っ青に晴れ渡ったこの広場も美しいのですが、私が一番うっとりしてしまったのは夕暮れ。上の写真2枚は明るそうに見えますがいずれも確か18:30頃。もう少しすると本格的に日が傾いて夕陽色になる、、、、という頃でした。島には独特の雰囲気があって。それぞれの島でそれぞれの雰囲気が感じられる時間帯というのがあるのですが(私の中で)、リパリ島は断然夕暮れ前。

私達もジェルシ(桑の実)のグラニータとブリオッシュを食べながら夕暮れ時を楽しみました。

f0229410_2125487.jpg


さて、街に戻って。

f0229410_2157520.jpg


リパリの街中にはそこら中に食材屋さんがあります。

f0229410_221737.jpg


何気ない小径がステキなのもやっぱり島だから?

f0229410_2255474.jpg


単なるお店がカワイイのも島だから?

f0229410_2275931.jpg


そして週末の夜はあちらこちらで生演奏。

f0229410_22154567.jpg


流しのギター風にこのおばちゃん、2人ともすんごい雰囲気があって、ギターもかなりのテクに歌声も艶やか、、、。遠くからこのおばちゃんの声を聞きつけてやってきたのですが、遠くできいた時にはどう考えても30代女性の声だった。でも近づいてみたら、、、驚き、、、おばちゃん(笑)しかしこの2人、どうやらシチリア本島からやってきた2人組で(多分カターニャ)、2人のコンビネーションもよくって彼らの演奏が始まると、あっという間にギャラリーが出来るのです。一晩目は私達はワイン飲みながらおつまみつまみながら、、、、2人の演奏をじっくりと楽しみ、二晩目は道端でギャラリーとして楽しみました。

こういう夜の過ごし方もいいものです♪

そして夜にマリーナ コルタに戻ってきてみたら、

f0229410_22214916.jpg


盛り上がってる!

f0229410_222550100.jpg


マリーナコルタの後ろ側には、大聖堂がある小高い丘が見えます。こんな断崖絶壁の上に街をつくっていた、、、やはり海は侵略の危険性が昔から大きかったのですね。ライトアップされていて幻想的です。

f0229410_22292544.jpg


散歩の途中に美味しそうなトラットリアを発見♪ 「明日の夜はここで食事をしよう!」と決めてこの日は退散。美味しいお店選びはガイドがなければ自分の足で探すっ!地元の人に聞く!いや、ガイドがあってもその方がほぼ確実に美味しいお店が見つけられる可能性大。ま、失敗しても自分の鼻がきかなかったのだ、、、と諦めもつくし(笑)ちなみにこのお店、翌日戻ってきましたが大正解でした!

f0229410_2236623.jpg


夜は何をするでもなく、皆ピアッツァに集まり、散歩したりおしゃべりしたり。こうして島の夜は更けていきます。私達が行ったのは9月第1週の週末から翌週にかけて。まだまだ島は賑わっていましたが、大混雑!という感じでもなく、落ちついてバカンスを過ごす事が出来ました♪

リパリ島は一番美しい(と私が思っている)夕暮れ時にバールでアペリティーヴォしながらゆっくり景色を眺め、ぐるりと散歩でもしながら美味しそうなトラットリアを探してお腹がしたら夜ゴハン。その後、またノンビリと夜の街をそぞろ歩き、、、そんな過ごし方が一番合っている島でした。

さて、次は今までアップできなかったお気に入りの写真をハイライトでご紹介!やっとバカンス編も終了できそうです、、、、。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-05 20:59 | 2012夏のバカンス エオリエ諸島
人生は波乗り
ここ数日、パソコンの前で釘付けになっているインターネットライブ放送があり。それは

Quick Silver Pro FRANCE

現在南フランスで行われているショートボードのサーフィンの世界大会です。

日本にいた頃はボディーボードをかじっていた私。もちろんプロを目指していたわけでもなく。自然と戯れるため、そして休日のリラックスタイムのためでした。

イタリアに来てからというもの海はすぐ近くにあるものの波乗りはすっかりご無沙汰。ここトラーパニは風が強いため、ウィンドやカイトサーフを中心に波乗りしている人はたくさんいるのですが、ショートボード&ロングボード、そしてボディーボードをしている人はほとんどいません。そのため、私の興味も少しそれていました。

が、先日今フランスで行われている大会がインターネットで完全中継されることを知り。先週末の予選からずーっと釘付けになっています。

サーフィン会のスーパースター、現役なのに既に伝説、、、と言われているKelly Slater(ケリー・スレイター)も出場!彼、御年40歳!若さ&体力が勝負!と言われているショートで40歳で最前線現役、、、ってすごい事。他の選手達は20代前半が中心ですから、彼らが生まれた頃からケリーは王者で、そしてケリーを見て憧れて育った世代なのです。そして現在ケリーは決勝進出まで決まったところ。本当にすごいとしか言葉が出てきません。

しかしこのサーフィンのワールドカップのような試合はそりゃエキサイティング!ガンガン攻めていく若者もいれば、じっくり波を待つ人もいるし。1ヒート30分の中で、どれだけ自分の技が披露できるかを競う完全な個人競技。世界のトップに名を連ねる人というのはどの世界でもすごいものです。特にサーフィンは動く波が舞台のスポーツ。波が無ければ出てくるまで待って試合時間が遅れるなんてことも。その間、どうやって集中力を保っているか、精神力も必要なスポーツだな~、と。

波乗りって、ずーっと同じところで波を待っているイメージが強いのですが。

波は海のコンディションを見ながら自分で探しに行くもの。そして良いポイントを探したら、そこで待って、良い波が来たら周りから一斉に乗ろうとする人達と競って乗るもの。ジャストなポイントで乗れると、激しく頑張らなくても波に乗れ、そして選んだ波が良い波だとうまく乗る事ができますが、選んだ波が間違っていると大波にのまれることもあり。

乗っている間は波のパワーポイントをしっかりと捕えていると猛スピードで滑って行きますが、パワーポイントから外れるとこれまた波にまかれることに。

ナイスなポイントは自分で探しに行かなければ見つけられない(時にはラッキーでやってくることもありますが、一発屋・笑)、ナイスなポイントを見つけたらそこで更にナイスな波を待たなければいけない。そして乗ったら常にパワーポイントをキープしていなければいけない。(それをキープするにはやはり普段の練習の積み重ねなんでしょうね~)時には待つことも必要だし、時には攻める事も必要。そのさじ加減が難しい。そして失敗しても諦めずにチャレンジしていく事も大切。そしてそれをゲームで発揮するには普段の練習の積み重ねがやはり大切。

そして同じ波は二度と来ない。一つ一つの波を大切に、そして楽しんで乗る。

波乗りってなんだか人生に似ている感じがするのです。

しかし、彼らを見ていると大きな大会でも楽しんで波乗りしているな~、というのが小さなパソコンの画面からでも伝わってきます。もちろん試合ですから緊張感もあるのは当たり前ですが、海の中に入ってしまったら後は楽しんで波乗りするのみ!人生もやっぱり楽しまないとね~♪

そんな事を思いながら現在、ファイナル観戦中!

ケリー スレイター VS ディーン レイノルド

夢のカードです♪

現在ケリーがリード!今回の大会はチューブ合戦。(巻いている波の中をくぐる)波の中から出てくるかな?出てくるかな?とパソコンの中のチューブを覗きこんでいます(笑)(ディーンが10点をたたき出したムービーがここから見れます)

とりあえずここで一度アップします!決勝あと20分、さて、、、伝説のケリーは勝つことができるのか!?

<追記>

ケリー、勝った~~~!すごい!すごい!いや~、久しぶりにスポーツ観戦にて興奮しました(笑)
しかし40歳で今季2連勝。そういえば、今回で51勝目。20年間王者の座に居続けるってすごい!ちょっと調べてみたら去年で11回目の世界チャンピオン(サーフィンにも年間通してのツアーがあります)となっているそうです、、、驚き。ちょっと遠ざかっていた波乗りですが、またちょっと火が付きそうな予感!?

選手達の素晴らしい戦いぶりはここからムービーで見れます!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-05 16:32 | 私のつぶやき&日常
リパリの大聖堂とバルトロメオ修道院のキオストロ(回廊)
f0229410_20222840.jpg


リパリの考古学地区に鎮座するご立派なリパリの大聖堂。

ここには「バルトロメオ」という聖人が祭られています。バルトロメオ、、、これは「バルトロ+メオ」?シチリアでは愛情を表現する接尾語に「Mio=ミオ」が訛った形で「メオ」があります。「バルトロメオ」という聖人はきっといない(というか、元はバルトロという名だった)、そんな事からもバルトロメオがシチリアにゆかりある聖人だったことが伺えます。

1084年にノルマン王のルジェーロによって建てられたこの教会、外部は15世紀にバロックに改装されて、ゴッツイ感じで美しく、、、

f0229410_2023497.jpg


しかし、中に入るとはっ!と息を飲むほど更に美しい、、、、。

f0229410_20252335.jpg


祭壇横の通路を通って、祭壇に上がる事ができます。美しいステンドグラスとカラフルなクーポラ。眺めているだけで心落ち着くのはやはり聖なる空気が流れているから。

そしてもう一つの見どころ。

f0229410_20255480.jpg


それがノルマン時代の修道院のキオストロ(回廊)。ここはには大聖堂同じくノルマン王ルジェーロによって建てられたベネディクト派の修道院があったそうです。建物の大部分は、ギリシャやアラブ人によって壊されて廃墟となった城壁の残骸を使っているそうで。その証拠に、柱の形が一つ一つ違う、、、、。

f0229410_20261734.jpg


柱頭に動物が描かれているのもアラブの影響?

f0229410_20264093.jpg


この回廊、かつては厚い厚い壁の中に隠れていたそうで、、、1970年代後半に壁が壊されて発見されるまで、昔の状態でずーっと息を潜めえていたそうです。もちろん修復作業が終了して、一般に公開されたわけですが、その状態が古いことは一目瞭然。美しく修復された回廊が多い中、昔のままのスタイルを残したこの回廊、すごく神秘的でした。

f0229410_2027427.jpg


ちょうど今、修道院に関する本を読んでいるのですが、その本には

「神は教会ではなく、修道院の庭に住んでいた」

という表記もありました。ベネディクトは西ヨーロッパにおける修道院制度の創始者と言われ、530年ごろにローマから南に130キロ、モンテカッシーノの山の上に自らの修道院を創設しました。そこでは、生活の規律だけではなく、食の規律も定められていたそうです。

そんな事と重ね合わせて見るこの修道院のキオストロ跡。かつてはこの庭にたくさんのハーブが生い茂り、修道女達がそれを摘んで料理し、祈りをささげ、、、、と、ものすごい妄想の世界へ入っていく私でした。

エオリエ諸島の一つの島に過ぎないここリパリ島にこんなに自然と人類の歴史がある事に、すごく感動した私。今度は夏のバカンスではなく、歴史を辿る旅、、、として戻ってきたい島。(海は酔うしね・笑)

そろそろ、夏のバカンスエオリエ諸島編も終了に近づいてきました!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-01 22:22 | 2012夏のバカンス エオリエ諸島
今年は暑い!シチリア、、、猛暑5ヶ月目か!?
f0229410_148482.jpg


本当に本当に暑い2012年のシチリア。

「暑かった」ではないのは、明日から10月だ、、、というのに、まだまだ暑さが続くシチリア。先週からずっと吹いている南からの風シロッコ。熱風を運んでくるのだが、今回の熱風はハンパじゃなく。外に出ると

「暖房付いているんですか~!?」

というような熱風が吹いているんです(汗)先日のサンビート ロ カーポのクスクスフェスタに行った日は23:00で36度だったし、、、。

シロッコは雨がザーっと一度降ると風が収まり、そしてシロッコの後は湿度も下がり涼しい風が吹いてきます。

が、今回のシロッコは長い長い。雨が降りません、、、。

今日日曜日は曇りのち雨の予報。夕方になってちょっと黒い雲がかかってきて、

「降った!!!!!」

と思ったら、、、すぐにやんじゃった(@_@;)

そしたら太陽がまた出てきちゃったし。

雨は大嫌いな私ですが、今回ばかりは雨が降って気温が下がって欲しい、、、。今年は6月に入った瞬間の40度超えの日が続いたので、いい加減涼しくなってほしいものです(苦笑)

雨が降って欲しいのは、シロッコが吹いている最中、私、猛烈に体調が悪いのです。ここ数日、すんごく眠いのも疲れのせいもあるのだと思いますが「シロッコ」のせいもあるのかな、と。私だけではなく、シロッコが吹くと頭が痛い、眠い、というイタリア人も結構いるのです。

あ~、雨よ降れ~~~。そして涼しい秋よ、やってくるのだ!

と激しく願う、ダラダラした日曜日でした。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-10-01 01:49 | トラーパニの風景(自然)