トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
buona Forche...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
パンテッレリア島の美しい風景 vol.1 「女神の湖」
f0229410_20215383.jpg


6月末にプチバカンスで行ったパンテッレリア島。C氏のお友達の地元民に全てを委ねたこのミステリーツアー。たったの4泊5日でしたが本当にたっくさんの想い出が詰まったショートトリップとなりました。その後、仕事に戻り現実に戻り、、、ようやくザワザワしていた心が落ち着いてきたので、パンテッレリア島で見た美しい風景などなど、時折こちらのブログでアップしたいと思います。

*****************************************************************************

Lago di venere、女神の湖、、、という美しい名前がつくこの湖。美しいとは聞いていても、誰もが最初はびっくり驚くであろうこの「バスクリン色」!それも標識に沿って車を運転していると突然と現れるこの風景、、、、。

パンテッレリア島は火山島。ここはかつてカルデラだったところが長い年月をかけて湖となったそうです。今でも水は生温く。カルデラだった事を想像させます。

「女神の湖」という名はその昔、愛と美の神ヴィーナスがこの湖を鏡として毎日覗き込んでいた、、、、なんて美しい神話から付いた名前だそうで。

こんな名前が付いているからには、湖に入れば美しくなれる??それもあながちウソではないらしく。

f0229410_043161.jpg


ここの土で泥パックが出来ます。これでお肌は女神のようにスベスベ♪

パンテッレリア島の素晴らしいところは、バカンス客が、そして観光客が集まりそうなこんな湖なのに、バールやお店が一軒もないところ。それはお店を作ると汚水がでて環境が破壊されるからだそうで。それでもここを訪れる人でもちろん文句を言う人がいるわけもなく。皆、自分でパニーニ弁当やフルーツを持ってきて、ノンビリと過ごします。

それはこの湖の周辺だけではなく、パンテッレリア島全島に渡って海のすぐ近くにバールがあったりはしません。だからこそ守られてきたパンテッレリアの美しい自然。これぞ究極のバカンス地、、、、、。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-31 20:26 | シチリアの島色々
外国に住むという事
f0229410_15185127.jpg


世界各国、どれだけの日本人が海外にい住んでいる事か、、、、。

私がここシチリアに暮らしているのは何故であろうか?ふ、と時折考える事があります。私にとってシチリアに住む事になったのは自然の流れで、、、。この土地をもっと見てみたい、もっと深く知りたい、という私の欲求からでした。仕事を始めたのも、この国に住むならば養ってくれる人もいないわけだからそりゃ働かねば食っていけぬ、と思い、日本で始めようと思っていた仕事の一つ、料理教室を始めたわけで。(当時は湘南でシチリア菓子のお店を開く!なんて言っていました)私がここ、シチリアに住み始めたのは

「自分の選択」

でした。自分で選択した事は自分で責任を持つ。だから、仕事も始め、自分で家を借り、自分で食べていく、、、最初の数年はそんな事に燃えていた私でした(笑)

何故こんな事を考え始めたか、、、というと、2006年6月に始めたラ ターボラ シチリアーナも今年で丸6年が経ち、7年目でついに新たなステップに入ったのかな~、と感じたから。そして6年前の7月はラ ターボラ シチリアーナ初のお客様がやってきた月でもあったのです。

海外生活を始めて文句を言い始める人も多いですが、いつも思うのが

「それなら日本に帰れば??」

家族の理由で引っ越さざるをえない状況で海外に住んでいるならまだしも、留学にせよ、仕事@自分の選んだ仕事にせよ、結婚にせよ、、、結局は自分で選んだ仕事。私達日本人にとって日本以外の国はアウェーなのだ。(長い年月が経つと日本がアウェーになってしまうものですが・苦笑)嫌ならば「日本」という帰る国があるわけだし。(ビザの問題も無いし、、、)

毎年6月は自分の誕生日とラ ターボラ シチリアーナの設立記念月ということで、私にとっては1年の区切り的な意味を持つ月。色々な事に想いを馳せる月なのですが、今年の6月は忙しすぎて思いを馳せる時間がなく。突然7月(それももうすぐ終わり!笑)になって想いを馳せてみました。

写真はこのブログではもうお馴染みの場所、トラーパニのいや、シチリアの西の端っこにたつ「リニーの塔」。トラーパニに来てすぐの頃、この場所が大のお気に入りで、毎日夕方になると自転車をかっ飛ばしてここで本を読んでいた想い出の場所。ここに来るたびになんだか初心に戻る気がする、、、、。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-30 15:24 | 私のつぶやき&日常
やっぱり美しい!San Voto lo Capo(サン ヴィート ロ カーポ)の海で極上の休日を過ごす
f0229410_1810924.jpg


今年はなんだかすごく忙しい年。

そんな時こそ息抜きが必要!そこでこのブログではお馴染みのSan Vito lo Capo(サンビート ロ カーポ)で1日バカンスを楽しんできました。

土日はすごい人ごみのサンビートも平日ならゆっくり過ごせる7月。なによりも「平日に休んでいる」、、、というこの優越感は何ものにも変えられず。美しい海をボーっと眺め日々の疲れを癒し、それにも飽きたらお気に入りの本をパラパラとめくる、、、そよそよと吹く海風はシチリアの灼熱の太陽をやわらげてくれ。暑くなったらマリンブルーの美しすぎる海にジャッポーン!気が済むまで泳いだらビーチベッドでお昼寝、、、極上の休日。

美しい風景は心を癒してくれ、そして心を充電してくれます。忙しい時こそ時間を作って休むのも仕事のうち。疲れた体と心では良い仕事ができませんので。こまめに充電、すごく大切です。

えー、さて、、、出版情報です(笑)
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-19 18:12 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア式節電対策 ~シャッターを閉めよう!~
f0229410_18302386.jpg


連日の猛暑が続くシチリア。

今年は6月になった!と思ったら連日35度を超える真夏日が既に1ヶ月半、続いています。その間、気温が下がる日は1日もなく、当然雨も1回も降っていません。その上、今年は湿度が70%超と結構高く、、、、。「夏大好き!」な私ですら、この暑さがまだ2ヵ月半も続くかと思うと、ちょっとゾゾっとしています。

公表されている最高気温は35~40度だったりするのですが、太陽直下に温度計を持っていけばたちまち50度を吹っ切る夏のシチリア。家だって外壁が暑くなって雨が降って冷やされる事もないので、当然暑くなります。そこでシチリア人たちが取る対策が、

「家のシャッターを全部閉じる」

太陽の光が家の中に入ってくれば、それだけ室内温度も上がってきます。それを遮断して温度の上昇を防ごう!という事なのです。窓を開けて換気を、、、っていっても、窓を開ければ熱風が入ってきて家の中が暑くなるだけですからね(汗)

ほら、この家。旧市街にあるマンションで実際、全ての家に人が住んでいます。が、見事に全部閉まってる(笑)

f0229410_18325530.jpg


「シチリアの家って人が住んでいるのかいないのか、分からないですね。だって、シャッターが見事に閉まっているから。」

と、良くお客様にも聞かれる事があります。それは、シチリアの太陽があまりにも強烈だから。夏は暑さを防ぐため、そして冬は家具が太陽光で傷まないように、時間を考えてシャッターを開けたり換気をしたりしているからなのです。そして、シチリアではマンションの最上階、、、って微妙に不人気。何故なら、、、もうお分かりですよね、そう、暑いから(笑)

恐るべしシチリアの太陽!

今まで、

「風の通りも悪くなるし、暗い家の中にいるなんてまっぴらゴメンだわ~」

と思っていた私。が、今年はあまりの暑さにちょいと試したところ、、、あれ?ほんとだ、、、。いつもよりちょっと温度が低いかも。

「部屋の中の暑さは外から入ってくるのが70%」

そんなニュースも偶然見かけたし。やはり本当なのだ。

うちはキッチンが東向き、リビングや私のオフィスは西向きにあります。キッチンは朝は太陽が入ってきて異常に暑いのでリビングやオフィスで窓を開けながら仕事、午後からはキッチンの横っちょにあるベランダにパソコンを移動して仕事。涼しい場所を求めながら仕事をしています(笑)クーラーが嫌いなもので、、、。

あぁ~、今年は早くもちょっと夏バテ気味な私ですが、暑さ本番はこれから!あと2ヶ月半、、、ガンバリマス。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-14 18:25 | イタリア住宅事情
まるで映画のワンシーンのような小さな村 Scopello(スコペッロ)
f0229410_0451526.jpg


聳え立つ岩の上に作られた小さな村 スコペッロ。

ここはかつてマグロ漁で栄えた小さな漁村。海沿いにはTonnara(トンナーラ)というマグロの加工場が16世紀に作られました。その加工場もマグロの減少と共に現在は閉鎖。ひっそりとした海の村となりました。

f0229410_0543783.jpg


5分もあれば一周できてしまうほど小さい村の中心部。日常でありながら非日常、、、、なんだか不思議な錯覚に陥るこの小さな村。

f0229410_0585141.jpg


どこを切り取ってもまるで映画のワンシーン!

f0229410_124527.jpg


そしてこの村から見下ろす海は最高に美しく!

何にもない小さな村スコペッロ。こんな小さな村で美しい景色を見ながらボーっと過ごす事こそ、最高の贅沢なり。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-12 01:04 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
赤ペン先生真っ最中!
f0229410_18213440.jpg


パンテッレリアマジックから現実へと、、、既にバリバリ戻っています(笑)

ただいま、赤ペン先生真っ最中です。4月に日本で料理の撮影を終えた後、編集のYさんと原稿作りに燃えてきました。で、最初の原稿を印刷所に入稿したのが6月初旬。そこから印刷所でチェック用に上がってくるのが「初校(ゲラ)」。パンテッレリア島に行く前に日本から郵便でシチリアまで到着しました。それを目を皿のようにしてチェック、チェック、チェック、、、、膨大な赤字と共に戻し、そしてそれを更に修正した「再校」が現在上がってきたところです。

直すのはレシピだけではなく、コラムやデザイン、その他諸々、、、、全ての事に目を通していきます。デザインも本の重要な要素を占めるので、、、。自分のデスクでは場所が足りないので、ダイニングに移動。再校、赤字が入った初校、原稿、最初のレシピ、撮影で赤字が入ったレシピ、、、今までの資料を全てテーブルの上に広げて赤字真っ最中!

今回の再校が私から堂々と赤字を入れられる最後のチャンス。(誤字脱字など、小さな修正は可能だそうですが、、、)とあっては本当にきっちりチェックせねば。もう次はないのだ!

前にも書いたけれど1冊の本を作るって本当に大変な事なのね~、、、、。それは私だけではなく、本作りに携わっている人全員が!知人が

「本を1冊書き上げるたびに、自分の命が削られていく気がする。」

と言っていましたが、まさに。(この知人が書いている本と私の本はだいぶ系統は違いますが、、、。)
それだけ、神経を集中する作業だ、という事なのでしょうね。でも、どれだけ神経を集中できるか、、、それで本の出来も変わってくるのかもしれません。私も最後まで気を抜かずにがんばっていこー!と思ってます♪

さて!

皆さんにお知らせです♪

9月中旬に日本にて「出版記念イベント」を開催する事に決定~♪ 今回は料理教室ではないイベントを予定しています。まだはっきりした内容&日程は発表できないのですが、大体9月の3連休前後を予定しています。8月上旬にブログ、及びFBページで発表予定ですのでお見逃しなく♪ 3月に続き、9月に日本でお会いできる事を楽しみにしていま~す!

今日からお客様が到着。シチリアでの仕事に本のチェック、また数日忙しい日々となります。パンテッレリアで充電してきた分頑張るぞー!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-06 18:40 | シチリア本出版
パンテッレリア島に流れる島時間 ~島民のように生活する旅~
f0229410_17564183.jpg


パンテッレリア島に4泊5日のプチバカンスに行ってきました。

パンテッレリア島はトラーパニの南、アフリカから60キロのところに浮かぶ小さな島。行くのは今回が2回目。強風が吹荒れる事で知られるこの島ですが、滞在中は穏やかな天気に恵まれ。しかし6月下旬だというのに猛烈な太陽光線!ジリジリと当たる太陽は痛い、痛い、、、すっかり焦げて帰ってきました(笑)トラーパニではこの陽射し、7月下旬頃の陽射し。やっぱりパンテッレリア島はアフリカか、、、、?

さて、今回の滞在、C氏の幼馴染みペッペが島に去年移住。「来いよ~、来いよ~」と言われ続けて1年、ようやく実現できた旅でした。ペッペはすっかり地元民に馴染み、、、、というか、既に地元民を仕切り(笑)私達も地元民にまぎれて楽しむ4泊5日となったのでした。ただでさえユルイ空気のシチリア、、、ですが、島は更にすごい(汗)頼んでおいたレンタカーや宿の詳細を聞いても、

「大丈夫だよ!オレがきちんと仕切っとくから!」

その価格も、場所も、、、、何も知らされないままとりあえず船で島へ。ほぼミステリーツアー(笑)

島に着いたときにちゃんとした車があったことにまずホッとし、そして車が動いた事に更に安心。はぁ。そして、用意してくれていたお宿を見て、やっと心から安堵できたわけでした(爆)お宿の料金なんて3日目にしてやっとこさ教えてもらったくらいで(笑)

こうして始まったペッペのミステリーツアーですが、それはそれは素晴らしい体験の数々。

朝から地元のワイナリーに行きパッシート(パンテッレリアの甘いワイン)造りを見学、ケッパー農家に行ってケッパー収穫体験、お昼は地元のトラットリアで舌鼓を打ち、午後は美しいパンテッレリアの海へ!夜はペッペと愉快な仲間達が集まりそれぞれが自家製のワイン、パッシート、ケッパー、庭で収穫した野菜や果物を持ち寄りホームパーティー、、、。海で自然に出来た海塩を収穫し、違う海に移動して採りたてのウニを食べ、地元の寂れたバールでペッペの知り合いにパッシート(甘いワイン)をご馳走してもらい、おまけにお土産にボトルまでいただく、、、。これが全て計画されていたものではなく、その場で考えながら、アポをとりながら行動していたものだった事に驚く私。ワイナリーも3軒行ったし、海も山も満喫できたし、夜は満天の星空に天の川が見え、、、その他にも数え切れないほどの体験の数々。私がやりたかったことは全て網羅!本当に本当に充実した旅となりました。

旅、、、、という表現も当てはまらないくらい、地元民と一緒に生活した気分になったような今回のパンテッレリア島訪問。たっくさんの刺激を受けてきました。そして、食文化って本当にその土地の気候風土、土地の習慣、そして人間の気質と密接に結びつくものなのだな~、、、、と実感。こういう事ってその土地に行って、その土地で暮らしてみないと分からない事。頭では分かるのと、体で体験するのは全く別の事なのです。今回の体験はペッペ無しでは味わえなかったもの。本当に貴重な体験をさせてくれたペッペよ、心からありがとう!!Grazie di cuore Peppe!!

8年生活しても、まだまだ知らない事がたくさん出てくるシチリア。やっぱり奥が深い。やっぱり面白い。そしてやっぱり好きだ!これからもきっとシチリア一本だろうな、私。あ、時には北に浮気もするだろうけど(笑)

今回の旅はあまりにも刺激的過ぎてブログに旅日記は書けそうにありません(笑)しばらくは心の中に大事にしまっておいて、いつか機会があったらチョロリチョロリと書いてみようかな、、、、。

既にあのジリジリとした灼熱の太陽が懐かしい。あのユル~イ島時間が懐かしい、、、。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-02 17:27 | シチリアの島色々