トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
「自分でつくるレストラン...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
1日が1年で一番長い季節です
f0229410_7134627.jpg


すっかり真夏のトラーパニです。

日中はガーーーーッと気温が上がるけれど、夕方から涼しい風が吹く今のトラーパニ。現在一番、日が長い季節とあって22:00近くまで真っ暗にはなりません。今日は、マンマの家からの帰りに夕日後の美しい風景をパシャリ。21:00頃、お月様も随分高く上っているけれど、まだまだ明るく。遠くにはファビニャーナ島、レヴァンツォ島、マレッティモ島の3島からなるエガディ諸島がくっきりと見えました。

現在、本の校正真っ最中!全ての原稿(レシピやコラム等)チェックが一度終了し、入れる写真を選び、それをデザインに起こし、印刷所に入稿したものがゲラとして上がってきました。ゲラは飛行機で海を越えて私の手元に届きました。そしてそれをチェック、チェック、チェック、、、、。チェックするのはもちろん私だけではなく、編集者×2人、校閲の方などなど、たくさんの人が一斉にチェック。そしておかしな部分を修正していくわけです。私も早速チェックしたわけですが、これが赤字だらけ~。担当してくださっている編集者Yさんからは

「大丈夫よ~。初校はそんなものよ!今チェックしておく事が大切だから!」

と励まされました(笑)ありがとうございます。ガンバリマス!

現在、友人がトラーパニに遊びに来ていて、お仕事は休業中の私。手放しに遊んじゃえ!という訳にはもちろんいきませんが(本は今が第2の正念場です!)久しぶりに肩の力を抜いて楽しんでいます。こんなに肩の力を抜くことができたのは2月以来、、、3月以降は、2回の日本行きと5月からのお客様ラッシュで、ず~っと休んでいませんでしたから。今週はトラーパニをチョロリと離れて旅に出ます♪ さて、どこでしょう?(笑)

今が1年の間で一番好きな季節!久しぶりの休日を楽しんできます♪
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-06-25 07:28 | トラーパニの風景(自然)
誕生日おめでとう、私!
f0229410_1582418.jpg


仕事も大詰めだった6月13日、料理教室シチリアツアー中の外泊先にてイタリアで初めて自分の誕生日をお祝いしました!

イタリアでは誕生日は自分で祝うもの。会場の手配、料理の手配、招待状の手配、、、全て自分でやって、参列者はプレゼントを持っていく。そんな事をするのは面倒くさい私はイタリアで一度も自分の誕生日を祝った事がありません(笑)が、今年はどういう風の吹き回しか、、、自分で祝ってみよう!という気になったりして、ツアー中の外泊先でケーキだけ用意してもらいました。

ケーキはサプライズにて最後の最後に自ら持っていくつもりだったのですが、どこからか漏れたウワサを聞きつけたお客様達。食事が始まった時に、

「せ~のっ!」

という声と共に、

「ハッピバースデ~ トゥ~ ユ~♫♫♫」

と、先を越されてしまいました(笑)私からのサプライズどころか、私のほうがサプライズされちゃいました(苦笑)皆さん、本当にどうもありがとうございました!お祝いはマグナムのスプマンテ!!いやいや、こんな嬉しい事はナシ♫

私にとって6月は誕生日であると共に、ラ ターボラ シチリアーナを設立した月でもあり。イタリアに渡ってきた9月と共に、ちょっと気持ちが引き締まる月。ラ ターボラ シチリアーナは2006年に設立して今年で6年目。順調に成長してきたな~、と我ながら満足で(笑)これからも私が心から惹かれたシチリアを皆さんに少しずつご紹介していければ、と思っています。

つい最近、FBでヒョンな事から昔の友人の近況を見ました。20年以上前の友人達、あの時は一体どうなる事やらと思っていた人達も、家庭を持ち子供を持ち良きパパであり、ママであり、、、、とある人は社長としてしっかり仕事をしているようでこれまたビックリ。20年という時の長さを実感しました。20年前、私も自分がここシチリアに住んでいることは想像もしておらず(笑)人生とはどこでどうなるか分からんものだ、と自ら実感するわけです。むやみやたらに走ってきた20代。壁に当たりまくりながら自分の人生を模索していた気がします。今では考えられないオソソもたくさんしてきました。考えてみたら私が「おぉ~、皆、きちんと仕事しているのね~、家庭持っているのね~。」と思うように、私もそう思われているのかもしれませんね(笑)

人生振り返ってみても今が一番楽しく、一番輝いているだろうと思われる私。毎年、こう思える自分でいたいな~、、、と思います。

人生はたったの1回っきり!悔いのないように!

今年1年、いつも支えてくださる皆さんに感謝の気持ちを忘れず、驕り高ぶる事なく前に進んで行きたいと思います。そして、どーせ日本語で分からないだろうけれど、、、、(笑)C氏よ、いつも感謝しているよ。ありがとね。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-06-18 02:19 | 私のつぶやき&日常
シチリア南東部 バロックの街 モディカ
f0229410_19112682.jpg


お仕事でモディカに行ってきました。

モディカと言えば、、、、2004年12月、私がシチリアで一番最初に住んだ街。まだまだイタリア生活にも慣れない渡伊後数ヶ月目、この街を最初に訪れた時のインパクトは忘れもしません。

夜にこの街に車でたどり着いた私。車から一歩出てみると、

「あれ?どこ??アラブの国??」

と思ってしまったほどの異文化圏。ゴツゴツした岩肌に張り付く家々とそれを照らすオレンジ色の街灯、そして彫りの深いどことなくアラブ人っぽい人々の顔、、、、同じイタリアでもここは本当に違う!と、期待と不安で胸が高鳴ったのを覚えています。

ここモディカの街では半年間、この街で一番古いお菓子屋さん「Dolceria Bonajuto(ドリチェリア ボナユート)」でチョコレートやモディカ郷土菓子のお勉強。便利で快適だったアパルタメント生活から、水が無くなる、ガスボンベ、電気もすっとぶ、、、という一気にレトロな世界に飛び込んだ事は今でも忘れません。色々な意味で想い出がいっぱい詰まった街です。

「どこが見所ですか?」

と良く質問されます。私の答えは、

「街の風景です。」

モディカバッサ(旧市街)のサンピエトロ教会、モディカアルタ(新市街)のサンジョルジョ教会、こちらもバロックの教会で美しいファザードと内部も見所ですが、一番見ていただきたいのは褪せた色の街の風景。ここは渓谷沿いに作られた街で、現在の旧市街のメインストリート、Corso Unberto I はかつて川でした。その両脇に広がる渓谷沿いに家を貼り付けるようにして作られた街です。そしてそこに広がるのは迷路のような小路、、、。小路を迷いながら登っていくと、一気に風景が広がり反対側の渓谷の風景が見えたり。上から見る反対側の街の風景はきっと忘れられないくらい美しいことでしょう。小路を写真を撮りながら迷うのも楽しいですよ♪ 迷ってもどんどん下っていけばいつしかメインストリートにたどり着くので安心です♪

さて、5月始めから続いていたお客様ラッシュがひと段落しました。この1ヶ月半の間に今年はたっくさんの方がトラーパニに来ていただき、それぞれに楽しい想い出を私に残していってくださった事、皆さんに感謝しています♪ 朝~晩までお客様と一緒で、家に帰ってからメールチェック&本の原稿を書いたりチェックしたり、、、と忙しい日々でした。特にこの1ヶ月は忙しくお客様がいらっしゃらなかった日はたったの1,5日、、、。出版を控えて今年は特に忙しい訳ですが、この先、この仕事を細く長~く続けていき、そして来てくださったお客様に100%の力で臨むにあたってはそろそろシステムを変えなければな、、、と、ちょっと考えさせられた1ヶ月半でもありました。その時にはこのブログで、そしてホームページで改めてご報告をしますね★

さて!今日からは本作りに精を出します!まだメールに返信していない方にもこれから返事を書きますので、少しお待ちくださいね。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-06-16 19:11 | シチリア街歩き(南東部)
シチリア本、段々形になってきています♫
f0229410_17315674.jpg


お客様ラッシュの中、、、、ただいま、4月に日本で撮影したシチリア本の原稿チェックやデザインチェック真っ最中!

レシピや原稿は私が書いたものを編集をしてくださっているYさんがチェック。足りないところをまた書き足したり削ったりした後、私がズラズラと書いた文の体裁をYさんが整えてくれます。これが又素晴らしくって。戻ってきた原稿は本当にちょこっと言葉を足したり順番を変えたりしているだけなのに、素晴らしく説得力のある文章になっているわけです、、、ムゥ~、、、さすがプロフェッショナル。

Yさんが一番こだわってくださっている事は

「REIさんの生の声を皆さんに届けたい!!」

という事。

編集や出版社の思惑に惑わされることなく、私の、そしてシチリアの空気感や料理を本に表現したいと。嬉しいじゃありませんか~(嬉涙)尚且つ、しっかりとレシピを読ませるページ構成、料理だけではなくシチリアの雰囲気が出る風景をさりげなく組み込む(料理の横に突然、海の写真が現れると唐突過ぎたりもしますからね・汗)、デザイン、、、1冊の本を作るのって本当に大変なのね、と心から思うばかり。

「自分の意向を組み入れた本ができなかった」なんて声もよく聞く中、私はYさんに発掘されて本当にラッキーだったんだな~、と心から思っています。Yさん、この本のために本当に尽力してくださっているのです!そしてYさんが話を持っていってくださった出版社の編集部の方、カメラマンさん、そしてスタイリストさん、いずれも本当にシチリアの良さを実感してくださって。編集部からは

「料理(&レシピ)がすごくしっかりしているから、長く書店においてもらえるような本にしたいですね。」

とのお言葉。今までやってきた事が認められた気分で、、、そのメールを朝、ベッドの中でiPhoneで読んだ私は、嬉しくてベッドから飛び起きました(笑)何せこの本がキッチンの片隅で長く愛される本であってほしい、、、と強く願っていますから。

編集のYさんはフリーでご活躍。出版社サイドにももう一方Sさんという編集の方がいらっしゃいます。ご両人のバックアップの元、私のシチリア本は順調(多分)に進んでいます。今日は私の仕事風景を初公開(笑)パソコン2台を使って仕事をしていますが、本の仕事は全てミニパソコンとiPhoneで。メール関連はミニパソコンとiPhoneを併用して使っているのですが、Yさんとは一日に何度もメールのやり取りをするのでやっぱり全てをミニパソコンでやるのが便利。それに、どこにでも連れて行けるし。現在デザインも上がってきていて、私の机の周りはレシピ、撮影した写真、あがってきた原稿、デザインで上がってきたもの、、、、紙が山積み(笑)写真に写っているのは氷山の一角。

まだまだやる事も盛りだくさんですが、シチリアを感じていただける本ができるようガンバリマス。いや、あんまりガンバリすぎるとシチリアっぽくなくなちゃうかもしれないから、肩の力を抜いて、、、ガンバリマス(笑)

以前、もうひとつのブログで撮影風景をアップ。あちらのブログで出版関連のお知らせをしていこうかと思っていましたが、こちらのブログの方が幅広い読者層なのかなぁ~、と思い、こちらでお知らせをしていく事にしました。

8月下旬の出版目指して、チョコチョコと近況をアップしていきます!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-06-08 16:55 | シチリア本出版
WEBデザイナー募集中!
私が運営するラ ターボラ シチリアーナではただいまWEBデザイナーを募集しています!

今まで自分で作ってきたWebサイトですが、時間の余裕的にもデザイン的にも限界を感じてきました。そこで、この先の展開も踏まえて、いくつかのWebサイトを総合して作ってくださるWEBデザイナーの方を探しています。

応募条件は、、、、

● シチリアが好きな事
● 料理が好きな事
● こちらからの意見を聞いて作るだけではなく、色々提案をしてくださる方

もちろん報酬はお支払いしますが(報酬額とその方法は応相談)、私と一緒に楽しんでサイト作りをしていただける方を探しています。そうじゃなければシチリアの楽しい感じは伝わりませんから、、、。

応募方法は、、、、

1、自分が今まで作ったサイト
2、簡単な仕事の略歴

をお書きになって、

info★tavola-siciliana.com (★を@に変えてください)

までご連絡くださいませ。件名は、

「WEBデザイナー募集の件」

でお願いします。

来年以降、新しいプロジェクトと共に、ラ ターボラ シチリアーナのシステムも少しずつ変更していく予定です。今あるWebサイトよりはページ数も少なくなる予定ですが、それと共に、新しいWebサイトをいくつか作りたいと思っています。それを統括して一緒にプロジェクトを進めて行ってくださる方、是非ご連絡ください★

又、Webサイトご本人じゃなくても、知り合いの方でラ ターボラ シチリアーナのイメージに合うWebサイトをつくってくれそうな人を知っている、、、という方も是非ご連絡を!とにかく、ラ ターボラ シチリアーナのイメージに合うサイトを作ってくださる方、そして一緒にシチリアを応援してくださる方と一緒にお仕事をさせていただきたいと思っています♪

いいデザイナーさんが見つかることを祈りつつ、、、、★
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-06-06 02:54 | お知らせ
シチリア北部の陶器の街 サント ステファノ ディ カマストラ
f0229410_202365.jpg


以前にもこのブログで紹介した陶器の街サント ステファノ ディ カマストラ。久しぶりに昨日お客様のアテンドで行ってきました。

この街、実は私がシチリアで一番好きな陶器の街。シチリアの陶器の街、と言えば、カルタジローネ、シャッカ、エリチェ、パレルモなどなど、いい土がとれる地域に広がっています。その中でも、カルタジローネが一番有名ですが、個人的にはサント ステファノ ディ カマストラの方が好き。なんでだろう?

シチリアではかつて、多くの街に国立絵付け専門学校がありました。それぞれの学校に特有のデザインがあり、そのデザインはアラブ、ノルマン、アラゴン、、、と歴史を遡ってその時代時代のデザインを引き継いできたもの。それが現在、各町の伝統柄となって受け継がれてきています。

「これはアラブ時代の模様なんだよ。こっちはルネッサンス。あ、これは18世紀ごろのデザインかな。」

お店のおじさんが色々と説明してくれました。

シチリア陶器もただカワイイ、、、だけじゃなく、歴史背景なんかも知っていくととても奥が深いことが分かります。

陶器は一期一会、、、、後で買おう、、、なんて思うと、お店が閉まっちゃったり、誰かが買っちゃったり。気に入った!と思ったらその場で買ってしまうことがいい買い物をするヒケツ。私も何度も失敗しましたから(笑)

日本ではなかなか手に入らないシチリア陶器。シチリアまでは来れない~、という方、是非このホームページをご覧くださいませ。

Ceramica spumo(チェラミカ スプーモ)

私の20年来の大親友が去年オープンしたマヨルカ焼きの工房です。今のところはオーダーが入ってから絵付けに入る、という受注生産だそうです。一枚一枚、丁寧に手書きで仕上げる陶器はポッテリしていてとっても美しく、可愛く、そして手に馴染みます。彼女の人柄を表したかのような優しいタッチの陶器は家に一つあるだけでも雰囲気が華やかになります。お皿やカップはサンプルの中から絵柄を選んでご注文、家の表札はデザインを選んで名前を入れます。ご興味ある方、是非コンタクトしてみてくださいね!尚、工房はいつも開いている、、、とも限らないらしいので、訪問されたい方は必ず前もってご連絡を。

もしかしてホームページのアドレスが変わるかも、、、、と言っていたので、念のためブログのアドレスも。

ものづくり日誌

さて、今日半日だけやっとこさ休みとなった私。でも、パソコン仕事に追われて終わっちゃいました。このブログ更新が最後のパソコン仕事!明日からは1ヵ月休みナシ月間の後半戦に突入です!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-06-04 20:20 | シチリアの陶器の街