トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
福島県郡山市と大阪のイタ...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
小さな漁師村で魚料理に舌鼓♪ Porticello(ポルティチェッロ)
アグリに滞在する極上バカンス@シチリアでご紹介したパレルモ近郊のアグリ、私も話を聞いた瞬間ピンッ!と来たわけですが、その直感は間違っておらず、、、初めて訪問した時には「やっぱり素晴らしかった~♪」と思ったわけです。で、ブログにアップしてみたらその翌日あたりに数人の方からお問い合わせを頂き、私も驚くばかり!やっぱり素晴らしいものは写真でも伝わるのですね~、、、とシミジミした私でした。

さて、先週末、オーナーのパオラさんのご招待で楽園アグリ1泊体験をしてきました♪ 今回の目的はこのアグリの近くの小さな村を周ること。トラーパニ周辺は相当開拓しましたが、パレルモ近辺はまだまだ開拓の余地あり!です。

最初の村は「Porticello(ポルティチェッロ)」、その名も「小さな港」という名前の漁師村です。小さな港、、、とは言うものの、ここ、シチリアで最古で一番大きいトラーパニ県のMazzara del vallo(マッザーラ デル ヴァッロ)にある漁港に続き、シチリアで2番目に大きい漁港だそうで!漁港はまったく小さくありませんでした(笑)

f0229410_126732.jpg


漁港には大きな魚市場がありましたがここはトラーパニの魚市場とは違い魚屋専門の市場。朝2時ごろ始まり、8時には終わってしまうそうです、、、。トラーパニの魚市場は朝8時ごろに始まるんですけどね(笑)ここで取引された魚発ちは大きな冷蔵トラックに乗せられ、イタリア本土(?)やシチリア全土に運ばれていくそうです。

とはいえ、、、地元を回っているのであろう、こんな魚屋さんも(笑)

f0229410_4545767.jpg


港の前にはバールやトラットリアなどが並びます。Fiat 500が似合いますね~、この街♪

f0229410_4593043.jpg


漁港は大きくてもやっぱり村は小さく。イタリアの漁師村らしく、カラフルな色の家が立ち並びます。

f0229410_4252974.jpg


村の小道の奥には真っ青な地中海。

f0229410_4273745.jpg


村をプラプラしていると村一番の教会を発見!小さな村にしてはご立派な教会です。

f0229410_430198.jpg


教会の前にあるカラフルなベンチ、どこかで見たことあるな~、、、と思ったら。

f0229410_4341446.jpg


あっ!De Simone(デ シモーネ)の作品!パレルモ出身の陶器作家のDe Simone。現在はカラフルなポップな柄のお皿や小物のシチリア陶器として有名ですが、今は亡き初代デ シモーネさんは、家の装飾としての陶器など大物も手がけていたそうです。パレルモ近辺のところどころに残る初代デ シーモネの作品は今となっては芸術品として扱われています。

漁師は生活のために荒れた海でも漁に出たり、漁をしている最中に風向きが変わり大波にあったり、、、非常に危険を伴う仕事のひとつ。漁師村では安全を祈り、家の壁にマリア様や聖人が飾られている風景をよく見かけます。

f0229410_439158.jpg


お父さんが漁に出るときには家に残る人は、皆「無事に戻ってくるように、、、」と祈る気分なのでしょう。

さて、村をプラプラした後は、漁師村でのランチです!漁港が近いのだから、きっと新鮮な魚料理が食べれるに違いない~~~♪ アグリのパオラさんから推薦されたお店、「Al Faro Verde(アル ファーロ ヴェルデ)」。海のすぐ近くにテラス席があるステキなお店です♪ 

f0229410_4414911.jpg


テラスからは真っ青な地中海がすぐそこに!この日は強風が吹いていたため、ビニールの囲いがバタバタとすごい勢いではためいていましたが、風が無ければ穏やかでとってもステキなお店でしょう(笑)


私は「カジキとアーモンドのパスタ」、C氏は「カジキの軽いシチリア風煮込み」を。ワインはロカーレ(ハウスワイン)を1/2リットル頼みましたが、アラジン風のカラフェに入って出てきました(笑)お味はいずれもお上品な感じで、ガッツリ!といういつもの私的な美味しさ(オヤジ食堂好みな私)ではありませんでしたが、十分に美味しいお皿でございました。パスタ1皿+メイン1皿+フルーツ一皿+コーヒー+ワインで40ユーロ。普段のオヤジ食堂価格からすると少し高めですが、ステキな雰囲気でもあったのでヨシ、という事で。

f0229410_4453262.jpg


お店の裏側にも小さな港がありました。

f0229410_4472392.jpg


まるで映画のワンシーンのような風景。こんな風景を見ると、Giuseppe Tornatore(ジュセッペ トルナトーレ)監督の映画の作品の音楽が頭を流れ始めます。(ニューシネマパラダイスのトトが子供の頃のBGMを思い浮かべてください)

f0229410_4491377.jpg


バリバリの方言でおしゃべりしながら夏の午後のひと時を過ごす少年たち、、、こんなゆっくりした村の風景は、シチリアに住む私でも、ちょっとタイムスリップした気分になっちゃいました。

青い空に映えるブーゲンビリアが美しく。

f0229410_4505818.jpg


はぁ。思わず溜息。
同じブーゲンビリアも見慣れているトラーパニの風景と違う場所でみると、更に美しいもので(笑)

特に見所があるわけではないこの小さな村ですが、タイムスリップ気分を味わうのにはピッタリの村です。海辺の散歩&ランチに最適なこの村です。もちろん楽園アグリ滞在プランにも組み込むつもりですのでお楽しみに!

REIの料理教室 in Japan! 、たくさんのご連絡ありがとうございました!現在、まだ日程調整中です(汗)レッスン会場は広いのでたくさんの方にいらしていただけます。ご希望の方、コメントでもメールでもご連絡ください♪ ブログをご覧の皆さんと日本でお会いできる事を楽しみにしています!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-28 01:18 | シチリア街歩き(パレルモ発)
REIのシチリア料理教室 in JAPAN !!
f0226106_16323161.jpg


もうひとつのブログ「La Cucina Siciliana~シチリアの台所から~」でもお知らせしましたが、私REI、今年の秋より日本でも料理教室をはじめま~す!

今までは、

「日本からシチリアに来ていただく」

というスタイルだったのですが、そろそろ日本でもシチリア料理を皆さんにご紹介できればな~、、、と。「シチリア」って、ヨーロッパ人の中では”憧れの土地”であるにも関わらず、日本ではまだまだマイナー。料理を通して、シチリアの素晴らしさも素晴らしくないところも(爆)、色々なシチリアの側面を日本にご紹介できれば、、、と思っています。私にとってはシチリアに興味のある皆さんとお話ができたり、そして、お教室(@トラーパニ)にご参加された、という方々と再会するチャンスでもあり♪ これからシチリアに行ってみたい、という方にも良い情報交換のチャンスだと思います。とにかく、日本で色々な方とお会いできることを楽しみにしています!

まず第1回目は今年の秋に予定しています。(10月か11月)まだ日程ははっきり決まっていませんが、皆さんが参加しやすいよう日曜日の昼と夜、2回の開催にしようと思っています。

毎回ひとつ、「シチリア食材」の中からテーマを選び、簡単美味しいシチリア料理を皆さんにご紹介します!第1回目のお題は「ケッパー」。ついつい脇役となりがちのケッパー、実は簡単、且つ、相当美味しい使い方が色々。「使い方が良く分からないわ」という方、「ケッパーってあんまり好きじゃないのよね、、、」、という方も、是非ご参加ください!ケッパーのトリコになること間違いナシ!です。

4~5品のケッパー料理を私がデモンストレーション形式にて作ります。(人数が少なければ、皆さんに参加していただくかもしれませんが、今のところは私が作るところを見ながら学んでいただく、、、という形を考えています)その後、テーブルにてシチリアワイン(今回は白ワイン)と一緒にゆっくり食事を楽しんでいただきます。ドルチェにはエリチェのアーモンド菓子(レッスンはしません)とシチリアの甘口ワイン、パッシートを合わせます最後の締めくくりはカフェティエラで入れるイタリア家庭のエスプレッソで。(メニューは変更する場合もありますのでご了承下さい。)シチリア直送のお土産も付いています!
料金はお一人様8500円を予定しています。

料理はシチリア料理をベースに、日本でもお手軽に作れるようなレシピを作りたいと思います。「シンプルで美味しい」、をモットーとする私。食材の美味しさをフルに引き出す料理を作りたいと常日頃思っています。ですので、オサレ~な盛り付け、、、は期待しないでください(笑)「シチリア料理なんて初めてだけど、、、」という方もご安心してご参加くださいませ!

レッスン会場は新宿駅から大江戸線で数個目の駅のすぐ近く。(大体の場所はご案内に記載、正式な場所はお申し込みをされた方に後ほどご連絡致します)

ご興味の方、日程などの詳細が決定致しましたらご案内をメールにてお送りします。
info★tavola-siciliana.com

(★を@に変えてください)

このメールアドレスに、もしくは、このブログのコメント欄にお名前とアドレスを残してください。コメントは承認制ですので、わたしが承認しない限り他の方には見れないようになっています。

初めまして!の方も、シチリアにいらしてくださった方も、、、、日本でお会いできる事を楽しみにしています♪

<ご連絡>
たくさんのお問い合わせありがとうございました!昼の部、夜の部共に定員に達したため、募集を終了致しました。次の開催は2011年2月下旬を予定しています。募集の際には、ブログ、ホームページなどで告知致します。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-24 17:05 | 私のつぶやき&日常
トラーパニ気温情報です(笑)
f0229410_3234330.jpg


昨日の夜、テラスのテーブルの上に温度計を置き忘れてしまいました。で、今朝7:00ごろ、ふっと見てみたら既に33度、、、見ただけで朝から一気に暑い気分になりました(笑)その後、更に2時間程放置。恐る恐る温度計を見てみたら、、、50度を振り切っています!直射日光の下にジーッとしていると50度を超えた世界に突入する、という事でしょうか、、、??

とこれほど暑いシチリア。
トラーパニは3方向を海に囲まれているので比較的湿度が高い(60~70%)ですが、日本と比べると湿度が低いため

「涼しいですね~♪」

と言われるお客様も多いのですが、恐ろしいのは「太陽」。このギラギラとした猛烈な暑さを放つ太陽はおそらく日本には存在していないかと。この時期シチリアを旅行される方、帽子、サングラス、日焼け止めなどの暑さ対策はお忘れなくお持ちください!そして、コマメな水分補給もお忘れなく、、、。大丈夫大丈夫!と言って激しく行動されると、知らない間に体力を消耗して熱中症気味になることもあります。余裕をもったスケジュールを立ててくださいね。

いつも風の強いトラーパニですが、ここ数週間、無風状態が続いています。(だから余計暑いんですけどね~)風が無い時のトラーパニの海は波が立たずにまったいらでそれはそれは美しく♪ こんな色が見れるのはやっぱり夏限定!いくら暑くても夏が好きな私です♪

今週末は先日ご紹介したアグリに、泊りがけで更に情報収集をしに行って来ます!え、遊びで行くんじゃないの、、、?というお言葉があちらこちらから聞こえて来ましたが(汗)ま、半分プチバカンスのようなものでしょうか、、、(笑)皆さんも良い週末をお過ごしくださいね!

Buon week-end!!!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-23 03:29 | トラーパニ観光案内
シェフに料理を学ぶ6泊7日@Donna Franca、9月27日より開催決定です。
f0229410_20133579.jpg


私の主宰する料理教室「La Tavola Siciliana」の中でも人気のプラン、「シェフに学ぶ料理教室+工場見学+観光 6泊7日@Donna Franca」が9月27日(月)よりの6泊7日で開催が決定しました!

最低催行人数が2名様となるこのプラン。こんなマニアなプランに2人で一緒に参加!ってことはほぼ有り得なくない??と思い、1名様からでもご参加できるよう、毎年、5月&11月の2回をベースに考えていたこのプラン。9月の開催はイタリア料理教室の先生からのご要望により、既に2名様のご参加が決定!ということで、一般公募も開始致しました。

6泊7日中、シェフの料理教室が5回、ワイナリー見学&オリーブオイル工場見学&塩田見学、そしてトラーパニでの市場&食材見学、エリチェ観光、セジェスタ観光、、、と、盛りだくさんのプラン!短期間で西シチリアの食&観光が一気に楽しめます。

ご宿泊&料理教室は、マルサラから10キロ、葡萄畑に囲まれた地上のオアシス、Donna Franca(ドンナフラカ)で行われます。今年、念願のプールもオープン!(写真上)プールの中に入っていると、遠くに見える水平線に沈む夕日と自分の目線がちょうど一緒の高さに、、、。海に入って夕日を眺めているような気分に。(そういう風に設計したそうです)9月下旬なら、まだまだプールにも入れる季節です!(ってそんな時間ないかも??)

プールサイドを夕日を見ながらお散歩、、、なんてロマンチックなカップル、、、ん?あら??よ~く見たらオジサン2人でした(笑)

詳しくはコチラをご覧下さい。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-21 20:24 | 私のつぶやき&日常
地中海で海水浴!
f0229410_16412461.jpg


↓エリチェの山火事、今日(月曜日朝)はようやく鎮火した模様です、、、。昨日の夜までところどころに小さな火が見えていて、「まさかここから新たに火が、、、?」と心配しましたが、大丈夫だったようです。個人的に美しいシチリアの自然がこうして傷つけられた事に大きく心を痛めた私ですが、私だけではなく私の近くにいる人達は口を揃えて

「あり得ない!ひどい!」

と言っていたことに、ちょっと安心した私です。こういう心無い事をしてしま人がいるのも事実ですが、「シチリアの自然を守りたい」と思っている人がたくさんいることも事実です。

さて、連日、真っ青な空が続いているシチリアです!(というか、、、連日暑すぎます~、、、)

シチリアは6月中旬~9月上旬までほとんど雨が降らず、ひたすら暑い暑い夏が続きます。夏のシチリア旅行は「本当にお疲れ様~、、、」と思うくらい暑くって大変~、、、。シチリアの街散策も楽しいですが、せっかく来たシチリア!1日くらい海辺で海水浴はいかがでしょう??

地図を見ると地中海のど真ん中に浮かんでいるシチリア。地中海、、、と一言で言っても厳密にはトラーパニ北部からメッシーナにかけての海岸線は「ティレニア海」、トラーパニからマッザーラ デル バッロにかけての西の海は、「地中海?」、シチリア南の海岸線も「地中海」、東側は「イオニア海」、、、ややっこしい(苦笑)でも全て地中海!という事で(笑)

と前置きが長くなりましたが、シチリアで海水浴をしましょう!

トラーパニの海水浴場は街の北側のルンゴマーレ(海沿いの道)を、西の先端とは逆側に4キロほどいったところにあります。ルンゴマーレ沿いにはたくさんの貸しパラソル屋が並んでいます。イタリアではこの手の貸しパラソル屋を「LIDO(リド)」と呼びます。LIDOには貸しパラソルの他、貸しビーチベッドもありトラーパニの相場はビーチベッド1台が5ユーロ、パラソルが10ユーロ。2人で行くと計20ユーロとなります。中にはBarもトイレもあるので、海沿いで1日ノンビリしたい、、、という人にはオススメです。(夏のシチリアの紫外線は恐ろしいほど強いので、日本から来ていきなり直射日光を浴びるのはあまりにも危険です、、、、必ずパラソルの下にいましょう!)

LIDOは海岸線上にポツポツとたくさんあるのですが、、、きちんと選ばないと、音楽がうるさい、子供がギャーギャー走り回る、などお金を払っているのに不快なところが多いことも事実。トラーパニにはあまりステキなLIDOが無かったし、C氏の知り合いがあまりにも多くゆっくりできないため、今まで一度も海水浴をしたことが無かったトラーパニの海。ですが、最近、大人のトラパネーゼの中で密かに話題になっているRIDOがあり。ものは試し、、、という事で行ってみました。

いったのはここ↓
f0229410_16135026.jpg


「Isola Blanca(イゾラ ブランカ)」。トラーパニの街から一番遠いところにあるLIDO。(自転車で15分くらいなので、自転車をレンタルすれば十分辿り着けます!)となりには「Bingo!」と書いてある大きな建物があります。さて、中に入ってみましょう!

f0229410_16172655.jpg


サボテンがたくさん植わっている南国チックなエントランスをくぐると、、、

f0229410_16213319.jpg


おぉ、大人な空間が!

f0229410_16264678.jpg


エントランスをくぐって正面に見えるBar(写真の右奥)でビーチベッドやパラソルの支払いをすると、若いお兄ちゃんがビーチべッドを担いで

「どこに陣取る??」

と聞いてくれるので、好きな場所を指差しましょう。ちなみに、パラソルは夏の間の期間契約で60%程が既に予約済み状態らしいので、朝早めに行ってパラソルを確保しましょう!

f0229410_16233562.jpg


こんなアジアンチックなスペースも。ここのLIDOはビーチベッドやパラソルを利用しなくても、タダのBarとしても利用できます。トラーパニには海沿いにBarが無いため、海を見ながらドリンクを飲める貴重なBarでもあるんですよね~。ソファーや椅子はドリンクさえ頼めば、自由に使えます。

さて、いざ海へ!

f0229410_1633593.jpg


貸してくれるビーチベッドはこんな感じ↑。頭に日除けがついているので、太陽が真上にない限り足半分くらいまでは影ができます。9:00~11:00くらい、15:00以降だったらパラソルなくても大丈夫かもしれません。写真の人はフランス語を話していましたが(関係ないけど)、足が真っ赤で痛そうでした、、、。紫外線にはくれぐれもご注意を!

さて、肝心のトラーパニの海はというと、、、。

f0229410_1645558.jpg


あら?意外とキレイなんでないの??トラーパニは街のほうから長い長い海岸が数キロに渡って続いていますが、最終地点だからか、、、水がとってもキレイでした。砂浜もきちんと整備されていてゴミひとつ無く、思ったよりもキレイな海にビックリした私です。

さて、ノドが乾いたらBarで一休み。

f0229410_165096.jpg


カウンターの中にいるお兄さん、サモア人?ハワイアン?イタリア人とは思えない感じでリゾート気分を盛り上げてくれます!(と勝手に思っていたのは私だけで、彼、イタリア人です・笑)パニーニなんかも食べられるので、簡単なランチをすることもできます。

この日、私たちは10:00頃に到着(既にパラソルは売り切れ!)、13:00頃には暑くて退散しました、、、。海岸の温度はなんと40度をはるかに越していたらしいです(汗)日影に入れば涼しいものの、やっぱり真夏の太陽&暑さは体力を消耗させるのです。オススメの時間帯は、夕方16:00以降~日が暮れるまで。夕陽を見ることもできます。

Isola Blancaで流れる音楽はジャズやボサノバ。通常のLIDOで流れる私の苦手なウルサイ音楽は聞こえてこず、心地のよい大人の空間が演出されています。ジャズ&ボサノバ好きの私としては、夕方からここでノンビリ読書でもしたい気分です♪

「Isola Blancaまでは遠いわ~、、、」と言う方、トラーパニの街の一番近いところにも「LIDO Paradiso(リド パラディーゾ)」というなかなか評判の良いLIDOがあります。ただし、海はきっとIsola Blancaのほうがキレイだと思いますが、、、。

Spiaggia Libera(スピアッジャ リベラ)と呼ばれる、無料ビーチも良いですが、せっかくのシチリアバカンス。優雅に寛ぐ1日、、、というのも良いのでは??来年はここIsola Blancaでビーチベッドとパラソルを期間契約しよう、、、かと目論んでいる私です。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-19 15:44 | シチリア便利旅情報
天災?人災?エリチェの山が燃えていく、、、。
f0229410_168796.jpg


我が家の東側のテラスからはエリチェの山が一望できます。夕方になると西に沈む夕陽のオレンジ色を反射して山全体がオレンジに染まりとても美しい夕暮れとなります。

昨日、土曜日の夕方、ノンビリと山を眺めていると、、、あら?煙??火!?え、山火事!?

山の中腹からボーーーー、と赤い炎が!(写真の中央よりちょっと左側に火&煙が出てるの分かりますか?)

連日猛暑のシチリア(っつーかイタリア全体)。昨日も日中は40度近くまで上がったと思われ、その上、お昼頃から風が強く吹き始めたため、自然発火してしまったのかしら、、、(汗)私が発見下頃はまだまだ燃え始めたばかりでしたら、ヘリコプターが海から水をすくってはバシャッ!と水をかけて消火活動をしていたものの、風が火を煽り、火が強くなる方が早く、、、見る見る間に炎が横に広がっています、、、。上の写真、右側にポツリと写っている点みたいのがヘリコプターです。火はエリチェに登るケーブルカーの近くから出火したため、もちろんケーブルカーは閉鎖。夕涼みにエリチェに行こうと思っていた私たちですが、車で登るのも危なさそうなので中止にしました。

風が強く吹いていたので火はどんどん広がり、たったの1時間の間に、、、

f0229410_1615334.jpg


ケーブルカーの下を通り過ぎてどんどん横に広がっています、、、。

とりあえず夜ゴハンを食べがてら家をでてトラーパニのチェントロをそぞろ歩き&軽く夕食。そして戻ってきてみると、、、

f0229410_16212276.jpg


キャ~~~~ッ!広がっている、、、というか、発火した場所と逆側にも火が、、、、(汗)この状況をみたC氏が一言。

「こりゃ人災だな、、、、」

人災!?って、人が火を付けたって事!?な、なんの為に、、、、??

毎年起こる、夏のエリチェ(エリチェだけでなく近くの山でも)の山火事ですが、森林で働く人達が自分達の仕事を増やすために時折、こうして自然発火に見せかけ火を付けるそうです、、、。失業率が高いシチリア、山火事を起こすことで山火事後の処理&新たな植林という事で仕事が増えるそうです。大自然&美食の宝庫であるシチリアですが、深刻な経済問題も抱えているシチリア。まさに光と影、、、。ですが、いくら仕事を増やすため、と言っても、長年育ててきた自然の森を燃やしちゃうなんて、本当に信じられない&人道に非する行動として許せない!

家に戻ってからどんどん燃えていく森を眺めながら、なんだか悲しい気分になった一夜でした。

山火事が気になり、朝5:30頃に眼が覚めてしまった私。テラスに出てみると、ヘリコプター&飛行機&消防車が必死の消火作業に当たっていました。しかし驚いたのは火はなんと山の両側の端っこまで届いていたのです、、、。

f0229410_163442100.jpg


分かりますか?左側の炎よりもっと左側で発火し、山を横断しながら一番右までたどり着きました。写真に写っていない左側も同様、山の逆側の端から発火し北風に追われて右側までドンドン炎が広がり、結局我が家から見える山の全面を横断してしまったのです。

現在、翌日日曜日の朝9:30、消火活動はまだまだ続いています。

こうしてどんどん自然を破壊していってしまう人間達、、、地球は本当に救われるのでしょうか??
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-18 15:51 | シチリアの風景色々
夜に香る魅惑の花、、、ジャスミン
f0229410_26229.jpg


前出のアグリツーリズモ、色々な木が植わっています。ひとつひとつじっくりと眺めていると、畑を管理しているおじさんが

「これなんの木か知っているかい??(と言いながら指を指していたのは上の写真の右側の木)」

初めて見たんですけど、、、??わからんわい。

「夜に咲いて香る花だよ」

え?ジャスミン??

でも私が知っているジャスミンってあの白い花が咲く蔦のように壁に這っている、、、。

「ジャスミンにも色々と種類があってね。これはGersomino notturno(夜ジャスミン)っていうんだよ。今はツボミみたいに見えるけど、夜になると咲くんだ。」

朝顔ならぬ、夜顔、、、、(笑)

「持っていって家で試してみたら???」

帰り際におじさんが花束にして持ってきてくれました♪ 自然を愛する人はどの人もみんな優しい笑顔なんですよね。

f0229410_155371.jpg


ちなみに左上の写真がツボミの様子です。

さて、家に持って帰ってきて早速花瓶に移し、夜になるのを待ちました。。。夕方くらいから気温が一つ、二つ、、、と咲いてきたっ!そして夜10時頃、日も落ちた頃になると、、、

f0229410_21437.jpg


全開(爆)これでもかっ!!!!!というくらい咲いています。数もだけれど、花びらも茎の方まで相当開いています。小さな小さなお花ですが、、、家の中はジャスミンの香りに溢れていました。幸せ~~~♪ トラーパニ近郊で見かけるジャスミンとはやはり別の種類。で、香りもやはり違っていました。トラーパニ近郊のジャスミンは昼も咲いているけれど、やっぱり香るのは夜。ジャスミンがたくさん植わっているサンビート ロ カーポの夜の散歩は、どことな~くジャスミンの香りが、、、幻想的なんですよ。

そして翌朝みてみると。

f0229410_274583.jpg


まだ咲いてる、咲いてる♪ 

このお花、朝9:00を過ぎた頃から段々閉じていって、、、又、ツボミの状態に戻りました。で、また夜になって咲きました、、、。一体いつまで続くの?と思ったら、3日目に水を替えようと花瓶を持ち上げたらザザザザッ!とツボミが落ちてしまいました~。きっと木についたままだったらもっと長く続くんでしょうね。

世の中には不思議なものがたくさんありますが、この夜ジャスミンも相当不思議。咲いたり閉じたり咲いたり閉じたり、、、を繰り返すわけですから。

しかし、お花の香りとは心を癒してくれるものですね♪
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-17 02:11 | シチリアの風景色々
アグリに滞在する極上バカンス@シチリア sanpo
昨日のエントリーの続きです。電車に乗っていった場所とは、、、それは「アグリツーリズモ」。La Tavola Sicilianaではトラーパニ付近のアグリは数件紹介していますが、トラーパニからはまだ離れたことが無かった私、、、。そろそろエリアも広げたいし、違う土地の事も勉強したいし、という事で少しずつ範囲を広げています。

で、まず第一弾がパレルモ付近のアグリ。

「どこかいいところないかな~、、、」

と、シチリアの友達にボヤいていたところ、

「あるよ」

え~~~、色々探したのに見つからなかったのに、こんなにあっさり見つかるとは、、、。恐るべしイタリア人の友達の和!

さて、いよいよ訪問の日。天気は快晴!パレルモから電車で約30分。駅までは無料で送迎してくれます。そしてアグリに到着。

f0229410_1203634.jpg


ジャンッ!真っ青な空に白い建物が映えます。この建物、1700年代の貴族のものらしです。現オーナー夫妻は貴族の末裔。お出迎えしてくれたのはパオラさん。こちらのオーナーです。

f0229410_124574.jpg


まずはアグリ情報を色々とパオラさんから聞いた後、

「ダニエ~ラ~、ダニエ~ラ~~~」

アグリの見学はここで働くダニエラさんに案内してもらいました。

f0229410_127257.jpg


「スタンダードが3部屋、ジュニアスイートが8部屋、離れのキッチン付アパルタメントが4つ、、、」

思っていたよりも意外と大きいこのお宿。

f0229410_1324299.jpg


上段がスタンダードルーム、下段がジュニアスイート。スタンダードとは言えどもお部屋は広めでトランクを広げても十分なスペースが残ります。ジュニアスイートは寝室+リビングルームの2部屋タイプ。バストイレも広めです。(というか長い、、、・笑)いずれもタオル交換は毎日、シーツ交換は2日に1回。タオルもシーツも1週間毎に交換が多いシチリアのアグリ。タオル毎日交換は嬉しい!小さな石鹸とボディーソープも備え付けられています。(こういうのも無いアグリがほとんどです、、、)

さて、お部屋訪問の後は、ここのアグリの庭(巨大ですが)を散策しました。

f0229410_1375345.jpg


庭の中にはたくさんのオリーブの木、レモンの木、オレンジの木、、、。この庭だけでも相当な数がありますが、ここから2キロほど離れたあたりに、さらに巨大な畑があるそうです!アグリでは、

・オリーブオイル
・マーマレード(レモン&オレンジ)
・赤白ワイン

などを生産販売しています。もちろん全てがBIO栽培(無農薬栽培)!

f0229410_143514.jpg


レストランで食べる野菜もアグリの畑で栽培しています。魚も釣りに行くそうです(笑)

f0229410_145475.jpg


アグリの中にはプールもあります。プールサイドでビーチベッドに座ってノンビリ過ごす、、、極楽極楽♪ プールもありますが、歩いて15分程度で海にも行けます。帰り際に散歩してみたところ、海岸にはLIDO(リド)と呼ばれる海の家みたいなものがあり、入場料が10ユーロ。中にあるビーチベッドなどは先着順らしいです。。。が、共有の屋根&椅子があるスペースもあり、座るところにあぶれることは無いそうです。

f0229410_1535777.jpg


オリーブやブドウなど、畑を管理しているおじさん、駅まで迎えに来てくれたヌンツィア、アグリを案内してくれたダニエラ、レストランのシェフ、カメリエーレのバッティスタ、、、たくさんの従業員が働いていますが、

「私たちはファミリーのようなのよ」

と、みんな、口を揃えて言っていました。とっても親切で感じのよい彼ら達。私にとってスタッフが感じが良いことは絶対条件ですから、、、。

さて、どんなプランを作ろうか。料理教室は4人集まらないと出来ないらしいのですが、夕食は絶品!との事。(今度行って食べてきます)滞在+夕食、、、2時間ほど小さな船でのクルージングもできるらしいし、車で近くの街を散策するのも良いかも。近くにあったワイナリーもプランに入れようか、、、。色々と考えています。2泊3日、もしくは、3泊4日ほどのプランを作ろうと思っていますが、とりあえずご興味ある方、La Tavola Sicilianaのお問い合わせフォーム、又は、ブログのコメント欄に鍵コメでご連絡ください。詳細をご連絡しま~す!

アグリツーリズモ滞在って、車じゃないと行けない場所にあるし、言葉が通じないし、行ったら行ったっきり、、、何もすることがないし(汗)なかなか個人旅行では難しいと思います。でもでも、自然の中での滞在は心も体もリラックスできます。美味しいものを食べて地中海を眺めて森林浴をして、、、あぁ~ここは天国ですか??忙しかった旅の疲れを癒すために最後に数泊、、、なんていうのも良いかも知れませんね。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-16 01:37 | シチリアで泊まる
シチリアで電車に乗る!@パレルモ駅編
暑い~、暑い~、、、現在、イタリア全土に猛暑が襲ってきています。ここトラーパニも今朝7:00の気温は既に28度、、、じゃ、一体日中は何度なの???毎年、夏になると気温の話が多くなる私のブログです(笑)

さて、先日このクソ暑い中、パレルモから電車に乗ってとある場所に行きました。ここシチリア、色々な力関係で、、、シチリア島内の移動は断然「バス」が便利!トラーパニからの電車移動は、マルサラ方面に行く時に意外と便利ですが、マルサラ行くなら車の方がもっと便利、、、と私もComodista(コモディスタ=快適主義者)のシチリア人に見習い、私も車で(笑)なので、すっかり電車離れが進んだ私です。

パレルモからはチェファルー、メッシーナ方面に向けてたくさんの電車が出ています。1日数本はローマまでの電車も出ているし、、、。先日私が向かったのは電車で20分くらいのちっちゃな駅。なのでRegionale(レジョナーレ)」と呼ばれる各駅停車の電車に乗ります。電車の種類には色々たりますが、

■ ES(Eurostar=エウロスター)・・・新幹線(超特急?)のようなもの。普通運賃+特急運賃+指定席料金

■ IC(Intercity=インターシティー)・・・特急?普通運賃+特急運賃

■ E(Espresso=エスプレッソ)・・・ 急行。普通運賃

■ R(Regionale=レジョナーレ)・・・各駅停車。普通運賃

こんな感じでしょうか、、、。(細かい分類や詳細は、日本で売っているガイドに記載されているはずです)

パレルモ駅では、駅正面入り口を入ってすぐに窓口が並び、窓口を正面にして背中側に自動発券機があります。自動発券機はイタリア語の他、英語表示もあり、行き先、時間、座席の等級などをタッチ画面で選んでいくと切符が買える、、、という本当に便利なもの。ただし!お釣りが出てこない可能性もあるので要注意、、、、。なるべく、ぴったりの額を揃えてからいきましょう。

近距離移動ならば、迷わず駅構内にあるTabacchi(タバッキ)でチケットが購入できます。並ばなくても良いし「行き先」を告げるだけでチケットを出してくれるので意外と便利です。

f0229410_14462474.jpg


f0229410_14522763.jpgチケットを買ったら、いざホームへ!ホームの正面にある大画面の時刻表にて自分が乗る電車のホームを確認しましょう。この大画面、、、意外と分かりにくいため、近くにいる駅員や(いれば、、、ですが)、待っている人達に聞いてみましょう。(数人に聞いて確認することをオススメします、、、・苦笑)

で、確認をしたら忘れてはならないのがこちら。→
どこの駅にもあるこんな黄色い機械を探してください。刻印機です。電車に乗る前にバシッ!と刻印しないと、電車の中でチェックの人が回ってきた場合、罰金を取られます。。。。急いでいると忘れがちですが、コレだけは忘れないように!万が一、忘れてしまった場合は、、、気が付いたらすぐに電車の操縦士に

「Ho dimenticato di timbrare!!(刻印するの忘れちゃった!)」

と言いにいきましょう。女性の場合は、ニッコリ、、、の笑顔も忘れずに(笑)見逃してくれる確率、高いです。


ここまでたどり着いたら、後はホームに行って電車を待つのみ。

f0229410_1503093.jpg


暑くて、みんなグッタリ、、、(笑)何故か、この一帯に集中してみんな待っています、、、なぜ??

f0229410_1545063.jpg


写真下左は、各ホームにあります。ホームの番号、行き先、出発時間が書かれていますが、突然変更になることもあり!絶えずチェックしましょう。写真右下は私がタバッキで購入したチケット。左側に刻印がされています。チケットは「行き先」が記載されているわけではなく、「○○km」とキロ数で表示されています。往復で買っておきたい場合は2枚購入していくと便利です。

電車が来た!

f0229410_1594158.jpg


みんな一箇所に固まって電車を待っていたのは、、、電車が一両だから!(爆)

f0229410_1512124.jpg


電車が到着!と思ったら、みんなが一気に乗り口に向かいます!!列にならない??「列」なんてものはシチリアには存在しておりません(笑)こういう時の勢いはすごいので、皆さんも気後れしないようズンズン前に進んでください。

あんなボロ電車で、クーラー無し!?と思われるかも知れませんが、、、、。

f0229410_1517139.jpg


車内は意外と新しかったりします。クーラーも付いていて意外と快適な小旅行となったのでした♪

イタリア(シチリア?)の電車は車内放送なんぞはありません。どこの駅で降りるかは、、、自己責任(苦笑)駅に付く度にホームをよ~く見て、自分が降りる駅か否か、確認しましょう。駅に張ってある紙の時刻表には停車駅が書いてあります。大体、何個目くらいか、、、を先に確認しておくと安心です。周りの人に自分が降りたい駅を告げておくのも手です。親切なシチリア人、降りる駅になったら教えてくれる、、、と思います(笑)

いちいち電車に乗るだけで疲れるシチリア(笑)シチリアに住んでいると、こんな事、日常茶飯事なので面倒くさい~、、、、っ!とも思わなくなってしまいましたが、日本からいらした皆さんがシチリアを旅行するのはきっとイチイチ疲れることでしょうね、、、。ま、これも異文化圏の旅のお楽しみ!という事で、存分に楽しんでいってくださ~い。

■ オリーブの木オーナー制度Venus et Salus、好評受付中です!詳しくはコチラをクリック!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-15 14:32 | シチリア便利旅情報
エリチェで絶対に見たいもの! sanpo
トラーパニからバスで約50分、山の麓からケーブルカーで約20分、、、、標高750メートルの山の山頂にある街、Erice(エリチェ)はトラーパニに来たならば絶対に、絶対に行って欲しい場所のひとつ。なぜなら、、、シチリアっぽくないから(笑)

ケーブルカーを降りて少し登ると、一番最初に左側に見えてくるのが街の入り口。
f0229410_2393075.jpg

かつて敵から逃れるために城壁に囲まれていたエリチェには、現在もいくつかの門があります。ここはその名も「トラーパニ門」。トラーパニの方を向いているからという単純な理由ですが(笑)ここを抜けると、そこにはシチリアらしくない中世の石畳の街が広がります。

f0229410_2423394.jpg


ふる~い建物にふる~い石畳、中世にタイムスリップ!街の入り口は写真では分かりにくいかも知れませんが、結構な坂道。覚悟してください!(石畳は滑りやすいので歩きやすい靴で行くことをおすすめしま~す)さて登るぞ!という前に、、、門をくぐったらすぐ、左側の小道を進んでください。

すると、、、ジャン!
f0229410_2462265.jpg

1300年代に作られた教会、マトリーチェ教会。(エリチェのドォーモです)お隣の鐘楼も同時期に作られたそうです。外見はこんなに古いのに、中はとっても美しく修復され、、、。こちらは入ってからのお楽しみ(笑)マトリーチェ教会の入場料は2ユーロ、鐘楼にも別料金で登れます。チケット売り場は鐘楼の中に。エリチェには入場するのに有料な教会がいくつかあり、5ユーロ払うと有料な教会を全て見ることができます。マトリーチェで2ユーロ、鐘楼に登るのにもお金を払うなら、5ユーロのチケットが断然お得です。なみにマトリーチェ教会には、昔教会で使われていた道具や司祭の衣装(?)なども展示されています。2ユーロを払う価値は、個人的にはアリ。

さて、教会を出て本筋に戻り、、、心臓破りの坂を登る、登る、登る、、、(ゼー、ゼー、ゼー・笑)

f0229410_2544981.jpg


あら?こんなかわいいお店が??(左側です)

ここは何を隠そう、、、私がエリチェのお菓子を修行したお店、「マリアグラマティコ」!エリチェの超有名店です。外のショーケースの中のお菓子達はエリチェの名物菓子、アーモンド菓子達オンパレード!そう、エリチェは修道院から伝わるアーモンドを使ったお菓子で有名な街でもあるのです。隣のドアを開けると、、、。

f0229410_2581837.jpg


チャオ~~~♪ いたいた♪ 私が修行時代にとってもお世話になったガエターノ君。このお方、フルッタマルトラーナの天才職人なのです。(フルッタマルトラーナについてはこちらを参照)本当に美しいフルッタマルトラーナを作るのですが、実は私、以前何かの雑誌で見たマリアグラマティコのフルッタマルトラーナを見て「ここで修行したい!」って思ったんです。ガエターノ君、既にこのお店で働いて20年くらいらしいので、きっと私が見たものも彼が作ったんでしょうね~。

って、入り口はここのドアではなく、ショーケースの先にお店の入り口があるのでお間違えのないように。店内にはところ狭しとアーモンド菓子やら、カッサータやら、カンノーリやら、、、シチリア菓子が並んでいます。アーモンド菓子達は日持ちもするので(1ヶ月くらいは大丈夫です)シチリアのお土産に是非♪

さて、マリアグラマティコを出てさらに登ると中心の広場に到着!そして、、、更に登ります。広場の右側に続く登り坂をたっくさん並ぶ陶器屋さん、お土産屋さん、食材屋さん、、、に添ってどんどん登ってください。道沿いにはベタなお土産屋さんがたくさんあるので、マグネットやシチリアグッズの購入はここが便利。(ちなみに、トラーパニにはこの手のお店は少ない!)カワイイ陶器もオススメですよん♪ショッピングを楽しみながら更に更に登ると、いよいよ山の頂上へ!そこからはこんな雄大な景色が見下ろせます。

f0229410_381743.jpg


実際はこれよりも雄大なんです、、、。写真にするとなんだかチッポケになっちゃうんですよね。ここがエリチェ山頂。大きな海とガッツリ飛び出た岩山、こんな風景にうっとりです、、、。が、ここ、強風地帯&崖っぷちなので、落ちないように気をつけてくださいね~。当然、サクなどはありません。(これがイタリア!)

さて、この風景を見たら今度は下りです!下り坂を下っていくと、シチリア内陸部の風景が臨めます。

f0229410_3134960.jpg


シチリア=海、のイメージが強いですが、面積からすると圧倒的に広い内陸部。パッチワークみたいでこれまた美しく。そしてこんな風景を見ながらフッと顔を上げると、、、

f0229410_3152510.jpg


天空の城、ラピュタです(笑)ここはヴィーナス信仰が最初に行われた場所と言われています。その後にノルマン人がお城を立てたらしいです。ここも有料で中に入れます。(5ユーロの教会チケットとは別料金)

これだけは絶対に!!と私がオススメするものをツラツラと書きましたが、エリチェの魅力は色々あります。小道フリークなら1泊してもいいくらい、、、小道がかわいいし、教会巡りもまた楽しい。街全体をゆっくり回って約2時間ですが、時間帯によって風景が変わるエリチェ、1泊してみるのもオススメです♪ 夏のこの時期は、夜のエリチェも涼しくてオススメですよ~。(上着をお忘れなくお持ちください!)
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-07-13 02:49 | シチリア街歩き(トラーパニ発)