トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
福島県郡山市と大阪のイタ...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
地上の楽園、ファビニャーナ島でサイクリング!
例年ほど暑くないものの、日中はジリジリとした太陽が照りつけるシチリアです。

シチリア、、、と言えば青い海、青い空!トラーパニ近辺の海も美しく透き通っていますが、島に行くと(ってシチリアも島ですが・笑)美しさと透明度は数倍です。

先日、仕事で行ったファビニャーナ島。あまり天気が良くなく、船が出るかどうか、、、心配されたのですが、とりあえず出航。しかし船は揺れる~、揺れる~、、、、、(汗)トラーパニ→ファ日ニャナ島はたったの20分。それでもジェットコースターの様に立て揺れする船は本当に辛く。陸地についてもしばらく体が揺れていました(苦笑)

少し休憩後、気を取り直し、、、ファビニャーナ島と言えば、サイクリング!この島を一番堪能できる移動方法です。

f0229410_4342622.jpg


走れ~、走れ~、走れ~!

あんなに海は揺れていたのに、気が付いてみたら空は真っ青!いや~、こんな日のサイクリングは最高に気持ちがいい!思わず仕事を忘れはしゃいでしまった私(笑)

さて、いつも一番最初に目指すのが、Cala Rossa(カーラ ロッサ)という入り江。ここは、いつも美しく、エメラルドグリーンの色を見せてくれる私のお気に入りの場所。カーラ ロッサにたどり着くまでには、家を作るための石灰石が採掘される石切り場を抜け。

f0229410_4392340.jpg


あ、見えてきた!!

f0229410_4405735.jpg


近づくと、、、、。

f0229410_4425322.jpg


う、美しい、、、、っ!と言いたいところですが、、、。この日は北からも南からも風が吹いていて、島の北側に位置するカーラ ロッサにはいつもない波が立ち、イマイチ、、、な海の模様でした。とはいえ、十分美しいのですが、もっと美しい時のカーラ ロッサを知っている私としては、ちょっと残念だったこの日。

その後、チャリンコを乗り回し、美しい海を探す私たちですが、風が南北両サイドから吹いていたため、メインのビーチはほぼ全滅(涙)半ば諦めかけ、波があっても色は美しいカーラ ロッサに戻っていく途中、ん??ここは波もなく、、、、あれ、キレイナンジャナイ?

f0229410_458741.jpg


早速チャリンコを置いて、崖を下ります。(ファビニャーナ島の海はほとんど崖っぷちなんです、、、)

f0229410_51531.jpg


お、たくさんの人が!ここは東側の海で、おそらくこの日、唯一の波が立っていない海だったと思います。ここに陣取り、私はカメラを持って一人撮影会~♪(ってほんとに仕事で行っているのか!?)

f0229410_5111342.jpg


うひょ~、キレイキレイ♪ 岩場の海は砂が舞わないため、透明度が高く。イタリア人は砂浜より岩場を好む人も多い気がします。

f0229410_5141891.jpg


ここは誰も泳いでいなかった入り江。どうですか?この透明度、、、、。

f0229410_517523.jpg


こんな日はどこから、どうやって撮っても美しい海の写真が撮れます。カメラって楽しいわ~♪

f0229410_5205417.jpg


崖っぷちに立っている人に注目。

f0229410_522898.jpg


あ、飛び込んだ!!!!!(笑)

f0229410_5292750.jpg


カモメさんも気持ちよさそ~♪

あまりにも美しい海だったので、同じような写真をたくさん撮ってしまった私(苦笑)1時間の間に、その数、、、300枚以上!計算すると、1分に5枚以上!?美しい被写体が見つかるとついつい興奮する私でした(笑)

しかし、炎天下で1時間写真を撮っていた私は、、、すっかり丸焦げ、、、、(汗)今日は、会う人会う人「どこにバカンス行ってきたのよ!?」と、聞かれまくる私でした(苦笑)

船酔いで始まった地上の楽園、ファビニャーナ島一日サイクリング。結果的にはすっごく楽しい1日となったのでした。帰りの船は大して揺れず、、、(助かったぁ~♪)無事にトラーパニに到着。いやいや、満足の1日でした。

ファビニャーナ島は春先~初夏にかけては、美しい野の花のお花畑が、夏~秋はは真っ青な海と空を見ることができます。トラーパニに来たら絶対に行ってほしいポイントの一つですよ~。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-26 04:43 | シチリアの島色々
これがイタリア名物、夜のそぞろ歩き@マルサラ
先ほど気がついたのですが、、、エキサイトブログもついにエントリーの下に広告が入るようになっちゃうのですね(号泣)広告が入らない、デザインがシンプル、軽い、、、と、ブログの中では個人的には群を抜いて利便性に長けていたと思っていたエキサイトブログ。非常に残念ですぅ~。3000円払えば、広告が入らないらしいですが(汗)払うか、移転するか、、、迷うところです。

さて、イタリアの夜、、、と言えば、盛り上がるのは22:00以降から。20:00くらいにはまだまだマバラな人影も、夜ゴハン終了後、街の中にはどんどん人が増え、週末の0時過ぎはトラーパニでも人間渋滞ができるほどの賑わい具合。

f0229410_22223779.jpg


こちらはトラーパニ、、、ではなく、トラーパニから南へ30キロほど下ったマルサラワインの故郷、マルサラの街の土曜日の夜。右に見えるのは立派なドォーモで、ここが中心の広場です。この時点で21:30。

f0229410_2226185.jpg


家族でそぞろ歩き?いつでも家族単位で移動するイタリア人、ベビーカーに乗った赤ちゃんだってもちろん夜のそぞろ歩きに参加します!(0:00過ぎても参加します、、、苦笑)家族の絆が固いんです、イタリア人(シチリア人?)。

f0229410_22414051.jpg


若者が団体でそぞろ歩き。家族の絆も固いけれど、友情も固い??(とは限りません・笑)

f0229410_22422196.jpg


イタリアの街灯はオレンジ色。マルサラの街はオレンジ色に染まり、バロック建築がとても映えるのでした。イタリアの夜は本当に美しいです、、、。

さて、約1時間ほどプラプラして先ほどの広場に戻ってみると、、、
f0229410_2236366.jpg

確実に人が増えていました、、、。この時点で21:30。まだまだ夜はこれから。

そぞろ歩き、何をするわけでもなく、パシッ!と決めて散歩をし、友達と会ったら立ち話、、、これも繰り返し。バールの外には人が溜まっていて、飲み物を飲む人も飲まない人もゴッタになっておしゃべり。イタリア人、おしゃべり好きなんですよね。彼らの社交能力には、口数の多い私も脱帽です(笑)

しかしマルサラの夜は美しかったです~。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-23 03:29 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
紀元前の世界にタイムトリップ!カルタゴ遺跡の島、モツィア島へ!
マルサラの塩田近くから小船に揺られて約15分。そこには、紀元前8世紀に西地中海とイベリア半島を結ぶ交易の中継地点としてフェニキュア人が建設した街「Mozia(モツィア)」があります。モツィアは小さな島で、ここからは紀元前8世紀~3世紀ごろのカルタゴ(現在のチュニジア)の文明の足跡がたくさん発見されているのです。

では皆さんも一緒にタイムスリップの旅に出かけましょう!

まずは塩田の水路を通り抜け、、、。
f0229410_1472593.jpg

船はのんび~りのんび~り走り、出発して5分くらい経つと、前方に島が見えてきます!
f0229410_1512567.jpg

さて、到着!
f0229410_1561449.jpg

到着するとすぐに眼に入るのが、紀元前の遺跡後、、、。ここは本当に城壁があった場所らしい。現在も石が残っています。そしてオバケアロエが両サイドに広がる道を通り抜けると、モツィア島唯一のバールやここから発掘された遺跡が展示されるホイッタッカー博物館があります。博物館には歴史上、重要な意味を持つ出土品がたくさんありますが、その中でも有名なのがこれ!
f0229410_225024.jpg

「Gioninetto di Mozia(モツィアの若者)」という紀元前5世紀ごろの大理石像。紀元前5世紀にはこういう人がカッコイイとされていたんでしょうね~。両腕がなくなっちゃっていますが、腰に手を当てるポーズなんかは今と同じ(笑)この像、正面から見ても素晴らしいですが、後ろに回ると、、、
f0229410_254664.jpg

見てください、このお尻のあたりの曲線を!これが紀元前5世紀にあったテクニックかと思うと、昔の人の文明にただただ驚くばかりです。

f0229410_2142647.jpg

その他、絵付けのされた陶器、アクセサリー、家の一部、などなど、展示物は狭い空間にコレでもか!というくらい並んでいます。そして全て紀元前のもの、、、、(汗)↑上の写真左下は「笑い仮面」と言って、かつては魔よけの役目を果たしていたそうです。シチリアの陶器屋さんにはこの笑い仮面にレモンや太陽が絵付けされたファニーな焼き物がたくさん並んでいます。

博物館でじっくりと出土品を見た後は、かつてのモツィアの街を実際に歩いてみよう!博物館には地図があるので、それを片手に紀元前の足跡をたどりましょう。(残念ながら日本語の地図はありませんでした)

f0229410_2204055.jpg

博物館のすぐ近く、Casa dei Mozaici(モザイクの家)。ここには家があったらしく床には白と黒の小さな石で作ったモザイクがあったそうです。

f0229410_2251471.jpg

島の中にはブドウや、、、、
f0229410_2273788.jpg

オリーブが栽培されていて、マイナスイオンがガンガン出ている、、、気がします(笑)しかし、この日は暑かった!島の入り口にバールが一軒ある他、お店などは存在していないので、必ずミニペットボトルを持って島を散策してください。そして日焼け止め&サングラスはお忘れなく!

さて、ブドウ畑の中をずんずん歩くこと約20分。島の反対側に出ました。ここはTofet(トフェット)というかつて神が祀られていた場所らしいです。紀元前8世紀~紀元前4世紀にかけてのお話だそうです。

f0229410_2354699.jpg

遺跡も面白いですが、真っ青な空、真っ青な海、、、風景も素敵です♪ 紀元前のフェニキュア人達もこんな美しい風景をみながら生活していたんでしょうね~。(どんどん妄想が膨らむ!)

f0229410_2375353.jpg

ここは結構保存状態良く、土台の部分が残っていましたが、、、なんの跡だか忘れちゃいました!

モツィア島はゆっくり回っても3時間くらいで周ることができます。小船は塩田近くの2箇所から出ていて、往復で9ユーロ。そして入島料として9ユーロがかかります。(2010年6月現在)モツィア島一帯は自然保護区になっているため、珍しい植物や鳥もいるそうですよ。

モツィア島、今までに何回も行っているのですが、、、実はこうして島を全部回ったのは今回が初めて!今まで「何にもない、、、、」と思っていたこの島ですが、意外と見所がありました。とっても興味深く、散策も楽しいのですが、、、7月~8月に訪れる方は干からびないよう気をつけてください、、、。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-21 01:51 | シチリア博物館&美術館
家から見るシチリア最西端の夕陽
f0229410_6361793.jpg


今日も一日、、、お疲れ様でした!
我が家の西側の窓からは遠くに海がチョロリと見えます。そして海に沈んでいく夕陽を、、、バッチリと拝むことができるのです。

ジリジリと暑くなってきているシチリア。日中の紫外線は相当強く、私は既に黒く焦げてきました、、、(汗)1日中お客様をアテンドすると汗ダクになるこの季節、家に帰ってからのシャワータイムは至福の一時。今日はシャワー後、窓の外を見たら、、、見事な夕陽が沈んでいくところでした。こんな夕陽を見ながら、心地よい風に吹かれながら、スプマンテでお疲れ様!の一杯♪ いやはや、これまた至福の一時(笑)

シャワータイムと言えば、、、、。

おとといから我が家の水道から水が出なくなりました(涙)

水不足のシチリアは、雨の降らない夏になると水が本格的に足りなくなります。以前私が住んでいた家でも「水が出ない!!」なんて事が年に数回起こりました。が、今回の原因は水不足ではなく、、、水道管のどこかが壊れたか穴が空いたか、、、いくら水があっても、これじゃ足りる訳がありません。おとといから水道屋が問題の部分を探しているものの、未だ原因不明。こんな季節にシャワーが浴びられないなんて、、、、(汗)困っているのは我が家だけではなく、このアパルタメントに住む10世帯全員。そこで応急処置として、7:00~8:00と20:00~21:00、1日に2時間だけ水道の元栓が開く事となりました。それ以外の時間は元栓が閉められ水は一切でません。

いやはや、、、、水って無くなってみると、本当にありがたみを感じます。

現在、家の周りの水道管を全て新しくするため道路を掘っています。今週中に復活するといいのですが、、、。

常に問題の多いシチリアです(笑)
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-17 06:50 | トラーパニの風景(自然)
お外カフェ オープンしました
アフリカからの風、シロッコが吹き一気に気温が上がったイタリア。シチリアもいきなり夏モードになりました。

さて、本日、お外カフェがオープンしました。
f0229410_23121092.jpg

って、ここは我が家のベランダ(笑)

我が家は家を一周ベランダに囲まれているのですが、キッチン横のベランダは東向き。朝は朝日が、そして夜は西日がささないので涼しいこのベランダ。かつてから夏が来たら買うぞ!と思っていたテーブル&パラソルを購入。そしてついにお外カフェがオープンしました!パラソル、、、本当はまっすぐ立てたかったんですけどね、、、朝は朝日が強すぎて眩し過ぎるのでテーブルにきっちりと影ができるように、そして強風が吹く日が多いトラーパニ、きっちりと止めておかないとパラソルが壊れる~~~!という事で、巨大パラボラのように設置されたパラソルでした(笑)

f0229410_23242887.jpg

お外カフェオープンにあたり、夏っぽいアイテムを揃えてみました。イタリアではよく使われるプラスチックのカップ、これもこんなカバーがあればなんとなくカワイク♪ Guzziniというイタリアのキッチンブランドのものですが、カラフルなプラスチックがポップでかわいいんです。夏にピッタリのアイテム。ペーパーナプキンホルダーもカップとおそろいでGuzzini。果物も今まで愛用していたレモン柄のシチリア陶器(ベタです・笑)からガラスの器に。アイテムを変えるだけでなんとなく気分も変わります。

さて、本日のランチは簡単美味しいトマトのリゾット。夏ですからね~、、、しつこいものは食べたくありませんよね(汗)

このベランダ、夜でも結構涼しいので、これからは夜が中心のお外カフェになりそうです。(昼は暑すぎて、もうそろそろ限界です(苦笑))
 
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-12 23:31 | 私のつぶやき&日常
いよいよ夏がやってきた!! ~ サンビート ロ カーポで海水浴&街歩き ~
何度も書いているように今年は夏が来るのが遅れているシチリア。現在も天気予報を見るとミラノは30度なのに、何故かトラーパニは25度、、、。しかし、「トラーパニの25度」を侮ってはいけません!何故なら、「トラーパニの25度」はこんなだから(汗)

f0229410_155270.jpg


サンビート ロ カーポの海岸では既にたっくさんの人が真っ黒、、、。25度でこんなに焼けるんですか!?

「天気予報の最高気温は日影で観測されている。」

と聞いたことがあります。
とすると、同じ「最高気温25度」でも、太陽の陽射し&紫外線がたっぷ~りのシチリアは、北の25度よりも暑く感じるのかもしれません。ただし、日影に入るとやっぱり涼しくとっても気持ちが良いんですよ♪

今日は突然C氏がお休みを取ったため、そして私もコレ!と言って急に終わらせなければいけない仕事が無かったため、サンビート ロ カーポの海に行って来ました。この海岸は「日焼け海岸」としても有名。シチリアでは貴重な白いサラサラの砂浜のサンビートですが、この「砂の白さ」がどうやら紫外線を反射している模様、、、。この海岸で1日ゴロゴロしていると真っ黒になる、というウワサが立っています(笑)

しかし、今日のサンビートは本当に美しかった~~~。7月になるとバカンス客が増え、ごみごみしてくるサンビートですが、今の季節は人も少なく、海がきれい!

f0229410_1592972.jpg


サンビートの海岸は遠浅なのでしばらく淡いブルーが続き、ちょっと深くなったあたりから何色でしょうね~、、、バスクリン色(笑)に変わります。

f0229410_215025.jpg


カップルはこんな海を二人占め??

f0229410_26468.jpg


日焼けに年齢は関係ありません(笑)ヨーロッパ人にとって、やはり日焼けはバカンスのステイタスですからね~。白いオヒゲでパラソルの下で読書、とってもサマになっていました。

f0229410_2122228.jpg


しかし、どこから見ても美しく青い海だな~。

浜辺でゴロゴロしていると、、、「コッコ~、コッコ~、1ユーロだよ!!」という威勢のよい声。”コッコ~”と言っているのはこれ!

f0229410_2143834.jpg


ココナッツの実!白い部分をムシャムシャと食べます。意外と水分が少なくって油分が多いんです。ビタミンAが豊富、、、って言っていたけれどほんと??ココナッツに気をとられていましたが、顔を上げてみるとこんなお兄さんが。

f0229410_2172746.jpg


(爆)サングラス(?)に注目!!夏は黒人のお兄さんが売りに来るのですが、今日はこんなお兄さんたちが数人でココナッツを売っていました(笑)

今日は、今年の海、初日だったので2時間程度でさっくりと切り上げました。(皆さんもシチリアの海にはお気を付けください!長時間いると、、、危険です・汗)

サンビートは街中もカワイク、、、街中にタイルの看板が溢れています。

f0229410_2224130.jpg


いかにも海の街っていう感じで、、、。

f0229410_223849.jpg


街のあちらこちらにブーゲンビリアが咲き乱れ、夜のサンビートはジャスミンの香りに包まれます。ジャスミンって夜にかおる、、、って知っていました??

f0229410_225305.jpg


そして、いつもの最後のお楽しみはこちら。

f0229410_2302820.jpg


サンビートを出てから車で約10分ほど、マカリという小さな村の近くにある展望台からの景色。ここからは写真では言い表せないほどの雄大な景色がいつも臨むことができます。展望台下にあるマカリの海岸は砂浜ではなく小石。それがゆえに、サンビートよりも美しいかも、、、♪ 

待ちに待った夏がやっとやってきました!これから数ヶ月、1年の中でも一番楽しい季節が始まります♪
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-08 19:01 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
タオルミーナでセレブなバカンス♪ ~古代遺跡編~ sanpo
タオルミーナと言えば有名なのは「ギリシャ劇場」。紀元前に作られた円形劇場です。

f0229410_1504783.jpg


あまり天気は良くなかったものの、後ろにはエトナ山、そして地中海が広がる絶景。セジェスタもセリヌンテもアグリジェントも、、、ギリシャ人は景色が良いところを選んで劇場や神殿を作ったのでしょうね~。

実はタオルミーナのギリシャ神殿、確か5年前ほどにも来た気がするんだけれど、、、。あまり記憶に残っていませんでした。今回、改めてじっくり見てみたら、保存状態がとっても良いのですね~。あらゆる部位が残っています。

f0229410_1511361.jpg


一番上の写真は舞台の部分。舞台の裏に丁度エトナ山が見えるように設置されています。観客席の直径は109m!!でかっ!5400人を収容できるそうです~。残っている柱やレンガ色の石の部分を見ると、2000年前は壮大な美しい神殿だったのだろうな~、、、と想像できます。

劇場は岩盤(山?)に添って作られています。実はこの劇場のすぐ下が今回宿泊したセレブホテルでした。ホテルは遠くからみると、まるで劇場の一部かのようにも見えるんですよ。

ギリシャ人がシチリアのあちらこちらに残した紀元前の足跡、、、シチリア、知れば知るほど本当に興味深い土地であるのでした。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-08 15:19 | シチリア街歩き(東海岸)
タオルミーナでセレブなバカンス♪ ~街歩き編~ sanpo
タオルミーナと言えば、グランブルー(笑)やっぱり想像するのは青い海でしょうか、、、。今年のシチリアはなんだか天候がおかしく、5月下旬に行ったタオルミーナは曇りがちの涼しい天気でした。真っ青な海で海水浴!を期待していたのですが、、、残念でした。

海がダメでもタオルミーナの街歩きはとっても楽しく♪ 何が楽しいって、、、小道がカワイイ♪
f0229410_342453.jpg

タオルミーナのメインストリートはCorso Unberto(コルソ ウンベルト)。この一本道をメインとして左に右に細い小道があります。

f0229410_3445353.jpg

岩壁に沿って作られているので、小道は上りか下りか、、、かならず階段があります。そして、階段に色々なディスプレイがされていて、そんなのを見ながら歩くのも面白い♪

f0229410_3473543.jpg


f0229410_3492252.jpg


メインストリートCorso Unbertoは、メッシーナ側のメッシーナ門から、カターニャ側のカターニャ門まで、約1キロ弱ほど続いています。こちらはカターニャ門の近くにある大聖堂。

f0229410_3561758.jpg


この日、教会では結婚式を挙げていたのですが、、、この新郎新婦たち、なんと↓のセレブホテル、Grand Hotel TIMEOで160人ほどを招いて披露宴をしていました。男性は全員タキシード、そして女性はイブニングドレス、、、それはそれはゴージャスでした~。そして最後にはなんとプライベートの大花火大会!約30分ほど続いた花火大会は、音楽に合わせてボーンボーン!と、ホテルの真上で上がっていました。もちろん私たちもお部屋のバルコニーから真上に上がる花火を楽しみました。近すぎて、火の粉が降ってきて怖かったんですが、、、(汗)お金持ちは、一般人では思い浮かばないような事をするものですね(笑)

f0229410_42115.jpg


こちらは展望台から見るシチリアの青い海~~~、なはずですが(笑)やっぱり空が青くないと、海も青くならないんですよね~。晴れた日は絶景です、ここ。

f0229410_4131181.jpg


イチイチいろんなものがかわいいタオルミーナの街(笑)小さな街ながらに写真スポットがたくさんありますよん♪ 

★別館「La Cucina Siciliana ~シチリアの台所から~」も久しぶりに更新しました。今が収穫時期の「ケッパー」についてです。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-07 03:59 | シチリア街歩き(東海岸)
タオルミーナでセレブなバカンス♪ ~ゴージャスホテル編~ sanpo
先週末は、日本からいらしたIご夫妻にご招待され、セレブのバカンス処、タオルミーナで優雅な週末を過ごしてきました♪

「いやいや、あそこのテラスで食べる朝食に、是非ご招待したいんだよね。」

とおっしゃってくださったIご夫妻。(本当にありがとうございました!)

”あそこ”、、、とは、タオルミーナでもっともゴージャスなホテルのひとつ、「Grand Hotel TIMEO」。ここは世界のセレブが集まる★★★★★(5つ星)のホテルです。

f0229410_1718317.jpg

古代ギリシャ時代に作られたギリシャ円形劇場のすぐ横にあるこのホテル。アプローチから美しいお花が迎えてくれます。この時期、観光客で溢れる円形劇場までの道は、”ここの宿泊者のみ車で通行可能”、、、これまたセレブです(笑)

f0229410_1727145.jpg

フロント横にあるサロンは、重厚で調度品もアンティークの嵐。

f0229410_1739239.jpg

ホテル下に広がるホテル宿泊客専用の大きな庭があり、館内はお花で溢れかえっていました。

f0229410_17453812.jpg

大自然に囲まれた温水プール。

さて、お部屋にご案内で~す♪

f0229410_17493567.jpg

ジャン!お姫様ベットです!

f0229410_17524774.jpg

お部屋はジュニアスイート。ベットゾーンの他、ソファーがあるリビングゾーンもたっぷりの広さ。

f0229410_17565687.jpg

お部屋に準備されていたシャンパンは、、、

f0229410_1801671.jpg

Veuve Clicquot(ヴーヴ クリコ)。

f0229410_1842143.jpg

バラのお花も、、、。

f0229410_186540.jpg

私たちが泊まったのは106号室。お部屋の鍵もずっしりと重く。

f0229410_1815352.jpg


広いテラスからはお庭、そしてその後ろに地中海を見渡すことができます。あいにく天気があまりよくなかったのですが、こんなお部屋なら外に出ないでもいいっか(笑)

なんだか、自慢話っぽくなってきましたが、、、たまの自慢話なので続けさせてください(笑)

さて、Iご夫妻が是非とも!とおっしゃっていた朝食はこんなテラスで、、、
f0229410_18223920.jpg


こんな景色を見ながら、、、
f0229410_18241369.jpg


たっぷりの朝食を、、、、
f0229410_18271114.jpg


極楽、極楽♪ 毎朝こんな朝食を優雅に取れるような生活をしてみたいものです(笑)

ホテルは2泊したのですが、、、、実は1泊目にちょっとしたハプニングがあり。5ツ星のホテルではありえない事が起きたのです。重なるときは重なるもので、、、。5ツ星のホテルなので、フロントで文句を言うのもなんなので、紙に全てまとめて書いて出かけるときにレセプションに渡し、「責任者を呼べ」、とC氏がすごん(これはウソです・笑)でおきました。1時間ほどタオルミーナの街を散策して戻ってくると、ホテルのディレクターが私達を待っていて、、、その後は、ひたすら平謝り。オソソのお詫びとして、翌日はオソソのあった私達のお部屋とIご夫妻のお部屋の両部屋のグレードアップとシャンパンサービスを約束してくれました。

確かに1泊目のオソソは、とっても期待していった私達の気分をどん底に落とし、そしてご招待してくださったIご夫妻のメンツを潰すような形となるほどのものでした。ま~、色々な諸事情があったようですが、やはり5ツ星。オソソがあってはいけないですよね、、、。しかし、人間ゲンキンなもので、Jr スイートにグレードアップした私たちはすっかりルンルン気分。しまいには、

「また行こうか??」

なんて言い出す次第の私たちでした(笑)

長々とお付き合いありがとうございました。次回はタオルミーナの街並みをアップします!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2010-06-01 17:18 | シチリア街歩き(東海岸)