トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
「自分でつくるレストラン...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Discover JAPAN 2011( 9 )
神戸 灘 酒蔵見学 「菊正宗記念館」
細々と続いている日本旅行記の続きです。

トウキョウ見物 → 京都でお茶屋さん体験、その後は、神戸に行きました。

コウベ??

京都、大阪は前回も日本滞在でも訪れたC氏。今回はせっかくなので新たな場所に、、、と思って選んだのが神戸でした。考えてみたら私も行ったことがなかったし。

さて、神戸と言えば「北野異人館」が有名ですが、ここに異人さんを連れて行くのもね~、、、と思い思い浮かんだのが「日本酒の蔵見学」。イタリアで旅の計画を立てていたときから気になってチョコチョコ調べていたのですが、造っているところを実際に見学できそうだったのが「酒心館」。ですがここは毎日20人限定の電話予約制で。ギリギリになって決めた私たちは残念ながら人数漏れしたため、他の蔵を当ることにしました。

色々と調べて決めたのがここ。

f0229410_176317.jpg


「きくまさ~む~ね~♪」

という歌であまりにもおなじみの菊正宗。この日ご一緒してくれたのは元スペイン在だったこのお方。前日ギリギリに連絡を取って阪神「魚崎駅」で待ち合わせ。出口を出たらすぐに分かるかな?と思ってお互い地図も持たずにやってきた私たち、、、。あら?駅には何にもない、、、(汗)勘を頼りに適当に歩いてみるが見当たらず。ちっちゃな商店のおばちゃんに聞いてみると、逆側に歩いているとの事(汗)って事で再び引き返し、正しい方向へ。今になって菊正宗のウェブサイトを見てみると、

「住吉川沿いの遊歩道“清流の道”を南へ徒歩10分。」

と書いてありました(苦笑)ちなみに駅の階段を下りるとすぐに川があるので、そこでどっちの方向か通行人に訪ねましょう。

f0229410_17143286.jpg


さて、菊正宗では造っているところこそ見ることができないものの、昔の道具や酒の造り方が分かりやすいように展示などがされています。

f0229410_17162244.jpg


ちなみにものすごく簡単ではありましたが、英語の説明もあり。

f0229410_17173992.jpg


ちなみに洗い場とは、、、

「精白した酒造米を洗ってヌカを取り去りしばらく漬けておいて酒造りに最も適した量の水分を米に含ませます。水に漬ける時間や温度が蒸し上がりに大きな影響を与えるため確かな技術が必要ですが、かつては杜氏の経験と研ぎ澄ましたカンがたよりでした。」(菊正宗ウェブサイトより)

こんなことをする場所だそうです。

洗米 → 蒸米 → 麹造り → もと仕込み → 醪仕込み → 圧搾 → 貯蔵

これが酒造りの基本。

f0229410_17231953.jpg


ここでお米を蒸すそうですが、釜は巨大!

f0229410_1725493.jpg


「冷ました蒸米に麹菌の胞子を散布し、よく混ぜます。やがて麹菌が育ってくると、その過程で温度が上がり、酸素が不足するため、空気を入れる切り返しが行われる。何度もかき混ぜ、麹蓋は積み替えられ、一、麹・二、もと・三、造りと呼ばれる、酒造りの重要な第一段階を迎えます。 」(菊正宗ウェブサイトより)

さて、麹ができたら次は酒造りで一番重要とも言われる「もと仕込み」。

f0229410_17292146.jpg


「蒸米、麹、仕込水(宮水)を混ぜ合わせ、いろいろな操作により、最初に乳酸菌により乳酸を生成させ、ついでに有用酒酵母を純粋に培養します。」(菊正宗ウェブサイトより)

長い棒を両側から人が混ぜていたそうです。混ぜるときには歌を歌いながら、皆で息を合わせて混ぜていたそうです。トラーパニ近辺の塩田でも塩の収穫の際、やはり歌を歌いながらやっていた、、、と聞いたことがあります。息を合わせる、という意味もあるそうですが、かつては体力的にも辛かった重労働をこうして皆で歌を歌うことで気分を盛り上げていたのでしょうね。

f0229410_1734167.jpg


その後はワイン同様、寝か
f0229410_1736509.jpg
せて醗酵させていきます。

「“もと”に蒸米、麹、仕込水を加えた醪を少しずつ発酵させて行きます。“もと”の乳酸の濃度が急激に低くならないように、蒸米、麹、水を3回に分けて仕込むことを「三段仕込み」といいます。仕込んで行くうちに、醪はどんどん発酵を進め、さまざまな形の泡を見せます。杜氏はこの泡で発酵の進み具合を判断しました。 」(菊正宗ウェブサイトより)

そして最後に圧搾して美味しいお酒となるのでした。

写真の圧搾機を見て「どうやるんだろうね?」という私。

「ここをこうやってこうやって、、、、絞るんじゃない?」と私に説明するC氏、、、おいっ!逆だっちゅーに!(苦笑)

この後、お酒は樽で貯蔵されます。

イタリアでお酒は

「お米のワイン」

とよく言われます。作り方がまったく同じ、、、というわけではないけれど、原材料(お酒はお米、ワインはぶどう)を醗酵させて熟成させていく、という意味ではやはり同じ。ただ、酒造りのほうが麹造りや醪造りなど、工程が多いのかな。

最後の部分には日本語、又は英語で酒造りの最初から最後までをビデオで見せてくれるブースがありました。

さて、見学の後は、、、お楽しみの試飲です。

試飲コーナーでは適当な感じで数点、試飲させてくれます。最初は感じの悪かったオヤジですが

「イタリアの友人にお土産を買って帰りたいんですけど、、、どれがいいですかね?」

と聞いてみたところ、態度が一変!

「外国人にはこれが人気あるよ」

と勧めてくれたのは、樽の香りが強めに付いているタイプのお酒。私たちもイタリアの友達にこれをお土産に購入。後でC氏にどれが美味しかった?と聞いてみたところ、

「樽の香りのお酒」

と答えていました。ムムム、おやじ、やるじゃないか(笑)結局C氏は外国人特権で、「菊正宗オチョコ」と「黒人演歌歌手(名前は忘れました)が歌う菊正宗テーマソングCD(?)」をプレゼントしていただきました。オチョコ、もうひとつ欲しかった(笑)

オヤジにたくさん試飲させてもらった私たちはすでにいい気分♪ でもせっかくだからもう一軒!と思い、菊正宗近くにあった「浜福鶴」という酒蔵を見学しに行きました。こっちの工場はもう少し近代的。かなり遠めであってかなり分かりにくくはありますが、工場内の様子がチラっと見ることができます。しかし既に結構な量を菊正宗で飲んでいたので、
こちらでは試飲も数種でやめておきました(笑)

「酒って何?」

イタリアで非常に良く聞く質問。ローマ、ミラノ、フィレンツェ、、、などなどの大都市では日本人も多く住み、和食屋さんも多くありますが、ここシチリア(トラーパニ?)ではまだまだ未知な状況のクチーナ ジャッポネーゼ。「SAKE」という言葉は知っていても、それが何だかを知らない人もたっくさんいます。いや、「SAKE」ってもの自体を知っていれば良いほうで、、、知らない人のほうが多いかも(汗)今までは私も

「お米のワインよ~」

とはぐらかし気味でしたが(ワインの説明のほうがしっかりできる私・苦笑)、これでしっかりと胸を張って説明することができます。(笑)

後から気が付いたのですが「酒蔵巡りマップ」なるものが、神戸の町や駅のあちこちにありました。菊正宗の近くだけでも相当の数の酒蔵があるんですね。酒蔵見学に行く方、ホテルやインフォメーションなどでマップをゲットしましょう!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-04-06 17:45 | Discover JAPAN 2011
お茶屋さん遊びを体験する!@ 祇園 松八重
さて、2011年日本旅行記の続きです。

東京見物を終えた私達が向かった先は京都。いつもお世話になっているI夫妻から

「C氏にお茶屋さん遊びを体験させてあげたいな~。。。」

とのお誘い。お茶屋さんと言えば、「イチゲンさまお断り」。紹介者がいなければ足を踏み入れることさえできない、、、という怖い世界(笑)もちろん私だって経験したことありません。私も興味深々でしたが、それにも増してC氏は、、、

「Si, Si!!(是非是非!!)」

と、更に興味深々(笑)そりゃそうですよね~、外国人でお茶屋さん体験した人なんて少ないでしょうから。

さて、お茶屋さんと言えば祇園。今回連れて行っていただいたのは「松八重」という老舗のお茶屋さんです。かの有名な「白洲次郎」がこよなく愛したお茶屋さんだそうです。

「おいでやす~~~」

いいですね~♪ 京都弁の女性、それだけで艶っぽい(笑)まずはお座敷に上がり、「お母さん」が挨拶に来てくださりました。なんと、、、御歳93歳!!シャキッ!としていて、とてもじゃないけれど90を超えているようには思えません、、、、(汗)それに次いで、「お姉さん」と呼ばれる方がいらっしゃいました。この方、場の盛り上げ役(?)というか、調整役、、、というか。お母さんがご挨拶後に退散した後、座敷の中で一番エライのはこの「お姉さん」となります。私達のお座敷についてくださったのは江梨子さんという方。ものすごい爆裂トークとユーモアで場を和ませてくれます。

さてさて、、、いよいよやってきた舞妓さん!

f0229410_17372930.jpg


おぉ~、美しいわ~。美しい着物に真っ白のお顔。いつも黒い私から見ると本当に白い!実は左の黒い着物の舞妓さん、、、今日がデビューの日だったそうです。

f0229410_17404093.jpg


デビューの日から3回は舞妓さん見習いとしてお座敷に上がるらしく、うなじのお化粧方法も特別。3本のジグザグ模様です。そして黒の一番上等な着物をきてベッコウのかんざしをさして、、、とにかく、着物も帯も小物もすべてお茶屋さん一番のものを身にまとうそうです。こんなチャンス、、、なかなかないそうで。ちなみに説明をしてくれているのがお母さん。

ちなみにこちらが見習いを終えた舞妓さんのうなじのお化粧。

f0229410_17445262.jpg


しかし、本日デビューの舞妓さん見習い、、、ものすごい緊張具合で。ほぼ硬直状態でなかなか言葉を発することもでみず。しかし厳しい世界なのでしょうね。まだ17歳だっていうし、、、。

お酌をしてもらってニヤけるC氏(笑)
f0229410_1747522.jpg


舞妓さんは20歳を過ぎると「芸妓さん」と名前も変わり、髪の結い方も変わってきます。舞妓さんは、いわば芸妓さん見習い、、、というところでしょうか。

f0229410_17514555.jpg


いやいや本当に貴重な体験でした。

お茶屋さん、外観は木の横扉に看板がかかっているだけで、、、ふっと素通りしてしまいそうなその佇まい。それが「イチゲンさんお断り」をあらわしているかのようですが、中では華やかな世界が繰り広げられているのですね。大人の男の社交場、という感じでしょうか。

イタリアでは「Gheisha(ゲイシャ)」というと、なんだろうか、、、少し前にあったゲイシャをテーマにした映画SAYURIとか、ハリウッド映画で取り上げられるゲイシャのイメージが強く、京都のお茶屋さんのイメージとはかけ離れたものかと思っている人も多いと思います。本来は男の人が楽しむ世界なのでしょうけれど、女性の私もきちんと楽しませて下ったところはさすがです。皆さんの身のこなし、小さな気遣いなど、女性として勉強になるところも多々あり。

いずれにせよ、本当に良い社会勉強(?)をさせていただきました。I夫妻、いつもありがとうございます!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-04-02 17:52 | Discover JAPAN 2011
東京見物 その4 ~ 東京下町散策 ~
下町のシンボルと言えば隅田川。夏には花火大会、屋形船で宴会、、、とニュースでは良く見る光景ですが、下町育ちではない私にとって意外と遠い存在だった隅田川。

私にとっても良い機会だったので日の出桟橋と浅草をつなぐ水上バスに乗ってみました。

f0229410_23273729.jpg


猛烈に寒かったこの日、、、でも水上バスには人がいっぱい!もしかして人気なの??

f0229410_23303740.jpg


ものすごい曇り空の中、出発進行!遠くに見えるレインボーブリッジと近未来都市お台場。朝だったのに夕方のような風景ですがやっぱり近未来都市は外国人にとってはツボ。

「あ、あの巨大ボール、覚えているよ!」(By C氏)

フジテレビのあの巨大ボール、、、やっぱり印象的なんでしょうね~。

隅田川には本当にたくさんの橋がかかっていて、、、

f0229410_23362345.jpg

f0229410_2338371.jpg

f0229410_23394273.jpg

f0229410_23404975.jpg


あっ!かの有名な○○○ビル!!(笑)

f0229410_23423972.jpg


あっという間に浅草についてしまいました。

f0229410_2348893.jpg


浅草で船を下りたあたりからも見えたスカイツリー。ん~、、、やっぱり高さはあんまり実感できないなぁ~。

f0229410_23503534.jpg


さて、浅草と言えば、、、ちょうど日曜日だったこの日、人でごった返す仲見世通りを抜けて、、、

f0229410_2352823.jpg


目指すは浅草寺!と、お寺に着いた時、、、

「ボク ココキタコトアルヨ。」

え?キタコトアル??

「無いってば。どこか京都のお寺とでも勘違いしているんじゃないの??」

「ボク、ココデFortuna(おみくじ?)ヲヒイテ、Fumo(煙)ヲカケタモン。」

そ、そう言われてみれば、、、。前回にC氏が日本に来たときも、浅草寺、、、来たような気がしてきた、、、、(汗)京都でたくさんお寺に行き過ぎて、どれがどれだか分からなくなっちゃった、、、と言っていた割りには良く覚えてるじゃないの(苦笑)私のほうがすっかり忘れていました(汗)

ま、とりあえず来たのでお決まりで頭に煙をかけて発毛を祈ります(って、そういうことじゃないんだけどね、、、笑)せっかく来たものの、2回目だということが発覚したためさっさと駅に向かって次に移動。その途中、C氏が足を止めてジーっと見ていたもの。それは、、、。

f0229410_025778.jpg


ソバ打ち。

「手打ちパスタと一緒だね~。」

と言いながら観察。そして最後のソバを切る道具に「おお、これはすごい!」と言っていました。

さてさて、浅草を後にした私達は上野のアメ横を目指しました。駅を出ると、そこら中で私たちを待ち構えていたのが、、、

f0229410_05492.jpg


パンダ!!!!

上野動物園にやってきたパンダは、残念ながらまだ公開されていなくって。実はC氏、現物のパンダを見たかったのだそうです、、、(カワイイ♪)私達にとっては身近なパンダも、ヨーロッパではなかなか見れる動物園も少ないらしく、現物パンダを見たことがないC氏。非常に残念がっていました。じゃ、次回はパンダを見に行こう(笑)

「日本のバッラロ(パレルモの市場)だよ。」

と説明したアメ横は、イクラや数の子など、イタリアで見かけないものに興味を示していましたが、強烈な雰囲気@シチリアの市場に慣れているC氏はあまり興味を持たず。築地市場の丸いバイク(?)には異常に興味を示していたんですけどね(笑)

1回目と2回目の日本で随分行きつくした感じがある東京。いや、もっと面白いところもあるのかも知れませんが、、、。3回目のC氏来日は東京以外のところに行こう!と決めた私でした。

さてさて、4泊の東京滞在はC氏@時差ボケボケ&私@仕事疲れ、、、のまま過ぎて行き。次の土地へと向かうのでした。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-03-29 15:08 | Discover JAPAN 2011
東京見物 その3 ~ 人生で2回目!東京タワーに登る ~
f0229410_0291667.jpg


今回、東京タワー下に宿を取ったのは実は、、、、

「あのタワー何??きれいだね~。」

と、2008年の第1回目来日で汐留のホテルからの夜景を見て言っていたC氏。そのときはあまりの多忙なスケジュールに近くまで行く暇もなく。なので今回は是非登ってみようと。

実は私も東京タワーに登るのは長い人生で2回目。1回目は小学生の時に社会科見学だったか、遠足だったか、、、。記憶にもありません。(汗)

東京タワーは一番高いところで333m。スカイツリーの630mに比べると半分くらいの高さなんですね~。東京タワーができたのは昭和33年だそうで。昭和33年にできた333mの塔。偶然?ちなみにパリのエッフェル塔は320mだそうで。

大展望台があるのは150m地点。そこからみた東京は、、、

f0229410_0373774.jpg


明るいんですけど~~。肉眼ではもっともっと明るく見えました。東日本大震災が起きた後、こんな明るい東京はしばらく見れないのでしょうね、、、。

イタリアは電力をフランスやスイスから買っているため、異常に電気代が高く、こんなイルミネーションをしたら一体どれだけかかることやら(汗)しかも高層ビルが存在していないため、高いところからの景色を見ることはありません。イタリア人、初めて日本に来た人ならばきっとこの夜景に感動するはずです。

しかし、考えてみればこのイルミネーションも電気のムダ遣いといえばそれまでで。美しくはあるものの24時間眠らない街トウキョウは、あまりにも電力を使いすぎているように思います。大震災の後、これからどう日本が復興し、どう変わっていくのか、、、。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-03-26 00:44 | Discover JAPAN 2011
東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~ sanpo
f0229410_19504540.jpg


以前から気になっていた博物館、そして、今回ブログで情報を収集してみたところ、たくさんの方からも勧められたのが両国にある「江戸東京博物館」。(3月24日現在、東日本大震災の影響により休館しているそうです)

大江戸線両国駅から出てすぐにある近代的な建物。そして近くの建物の隙間からは、、、、

f0229410_20294594.jpg


話題のスカイツリーが見えました!博物館に行った日に確か「613m達成!」というニュースが流れていましたが、こうして遠くからみるとその高さが実感できないんですね~。トラーパニ近くのエリチェの山が750mなので、それに近い高さの塔、、、と考えると異常に高いんですけどね(汗)

さて、エドミュージアム。入館してすぐに目に入ってきたのが昔のお屋敷のジオラマ。

f0229410_20325487.jpg


説明と共にお屋敷の配置図もあって、木造建築の構造が説明を読まなくても一目でわかるようになっています。外国人にはひじょーにわかりやすい。ジオラマはお屋敷内部の屏風や床など、細部に渡って細かく再現されています。日本人の私がみてもわかりやすく面白いです。

f0229410_20373572.jpg


こちらは江戸幕府時代の町民の生活のジオラマ。これ、肉眼で見ても面白いのですが、、、、

f0229410_20393131.jpg


備え付けの双眼鏡でみると更に面白い!建物や人物が本当に精密に作られています。昔の生活を垣間見ることができます。

f0229410_20424327.jpg


日本といえば、、、サムライ。私のイタリア人友人、サムライ好きのG君が見たらたまらないんだろな~、、、(笑)しかし、現物は本当に重そうです。こんなものを着て戦をしていたのでしょうか?重すぎて動けなさそうです。

f0229410_20464080.jpg


16世紀あたりの陶器です。中国経由だそうですが、やっぱりこの時代は青い絵付けが主流なんですね。(シチリアもそうでした)

f0229410_20504256.jpg


エドに関する様々な展示がされているのですが、この博物館が楽しいのは「立体的であること」。ただ単にモノを展示するだけではなく、当時の様子をイメージさせてくれるようなワクワク感があります。C氏も

「新しいタイプのムゼオ(ミュージアム)だね」

と言っていました。外国人でも楽しめるようにできています。

f0229410_20544268.jpg


最後は一番上の階にあったレストランで抹茶とお茶菓子で締めくくり。日本文化を楽しんだ一日でした!

外国人を案内したい、、、という方、この江戸東京博物館、オススメですよん。

江戸東京博物館のホームページはここをクリック。

<今日のつぶやき>
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-03-24 21:05 | Discover JAPAN 2011
東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~ sanpo
REIの料理教室@JAPAN、そしてオリーブオイル講習と、日本に到着してから気が張り詰めたまま過ごした1週間、、、。その後はC氏が合流して日本の旅、始まり始まり~!

f0229410_0532940.jpg


前半戦、東京のお宿は東京タワーすぐ近くにある「東京プリンス」でした。今回で日本2回目のC氏ですが前回は汐留にある近代的ゾーン&近代的ホテルに宿泊したため、今回は古き良き日本を感じられるようなクラシックなホテルを選んだ私。ホテルの佇まいもすでにクラシックな感じで。外国人のC氏としては(って当たり前ですが)、全体的に空間が広いホテルがお好みのようで、、、。お部屋も広いに越したことはありませんが、ロビーが窮屈だとそれだけで既に窮屈に感じてしまうようで(汗)そういう意味では東京プリンス、ゆったりとしていて良かったです。

さて東京タワー近辺、ワタクシ東京生まれの東京育ちなのに、、、この近辺、あんまり土地勘がなかった、、、、っ!まずホテルに到着した私は地図を見ながらホテルの位置を確認。(トウキョウって本当に広いのね・汗)しばらく東京を離れている間にどんどん田舎者化が進んでいるワタクシでした。

ホテルに到着した日、まずは土地勘を養うためにホテル近辺を散策!

f0229410_111161.jpg


やっぱり最初は東京タワーでしょ。600メートルを越すスカイタワーが話題になっていますが、やっぱり東京タワーは美しい。登ろう、、、かと思いましたが、やっぱり東京タワーに登るなら夜でしょ~。ということでこの日は我慢(笑)

そして東京プリンスお隣の増上寺へ向かいます。

f0229410_1173549.jpg


増上寺、確かむか~しに一度きたことがありますがあまり記憶になく。改めて調べてみると「浄土宗の大本山」、と、由緒正しきお寺。明徳四年(1393年)、浄土宗第八祖聖聡(しょうそう)上人によって開かれたそうです。

ちょうどこの日、お堂では法事を行っていて、それをジ~っと眺めるC氏。

「ナムナムナムナム、、、、ってどういう意味??」

初めて見る日本式ミサ、不思議そう、、、な目で見ていました。確かにキリスト教式のミサと比べれば雰囲気も方式も大きく違います。所変われば、、、宗教も変わる。

f0229410_117723.jpg


千体並ぶという子育て地蔵。圧巻です。

f0229410_123337.jpg


まったく知りませんでしたが徳川家のお墓だそうです。2代秀忠を始め、6代、7代、9代、12代、14代がここで眠っているそうです。長~く住んでいた東京ですが知らないことがたくさん。海外に出て改めて東京のいろいろな事を発見です。

f0229410_1253738.jpg


裏には竹林があって森林浴もできる??

増上寺、都会のど真ん中なのに静かで緑のある、ちょっとしたヒーリングスポットです。

増上寺の三門を出て浜松町方面に歩いていくと、静かな町から段々居酒屋スポットとなり、、、オヤジの街へと変身。トウキョウって本当に面白い(笑)

さて、翌日も私の知らないトウキョウを探しに探検です。

<今日のつぶやき>
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-03-23 01:40 | Discover JAPAN 2011
無事にイタリアに戻りました
昨晩、私もC氏も無事にトラーパニに戻ってきました。

日本滞在中は、多くの方から心配のメールやお電話を頂き、本当にありがとうございました。地震が起きてからというもの、多少のスケジュール変更程度で大きな問題もなくイタリアに戻れたことが本当に奇跡のようです。自分の記録のために、地震が起きてからイタリアに戻るまでの経過をメモしておきたいと思います。

<地震当日>
16:00の便で大阪→東京に移動予定。
手荷物チェックの前に多少の揺れを感じるがこの時点では、こんなに大きな地震とは知らず、、、。
手荷物チェックが終わり搭乗口の大画面テレビで大地震のことを知る。
この時点ではまだ「遅延は覚悟だがそのうち飛ぶだろ」と考える。
その10分後くらいに「欠航」が発表。
急いで荷物をピックアップして、次の日の便に変更して、その日のホテルを取る。
(幸いホテルは取れたものの、次の日の便の予約よりもホテルを先にとるべし!)
大阪のホテル泊

<翌日>
朝の便で東京に行く予定だったが、交通網がマヒしていることをニュースで見たため、空港に行って更に翌日の便に変更してもらう。
ホテルに戻ってネットで宿泊先ホテルを探す。
土曜日だったのでなかなか難しかった、、、。
大阪のホテル泊

<翌々日>
大阪からは問題なく羽田まで到着。
京浜急行で友人がいる逗子まで一本で移動。
駅までは友人が迎えに来てくれる。
逗子友人泊

<出発前々日>
逗子の友人宅でテレビを見ながら被災地や原発の問題を見る。
外にでることも無く1日友人宅で過ごす。
逗子友人宅泊

<出発前日>
東京でどうしても、、、と思っていたアポの為、東京@新宿に移動。
電車が動いているかどうか不安だったものの、逗子から羽田空港まで友人が送ってくれ、
そこからリムジンバスで新宿まで移動。
これまた通常運行で助かった!
知人にトランクなど荷物を預かってもらい、アポを済ませてから実家に向かう。
私の荷物を拾い、束の間の母とのおしゃべりを楽しむ。
この日は東京泊の予定だったが、翌日の交通網が心配だったので成田泊に変更。
実家から父に成田のホテルまで送ってもらう。
成田のホテルでこの日のイタリア行き便が行かなかったことを知り不安に、、、、。
成田泊

<出発当日>

心配だったので空港に出発4時間前に到着。
チェックインカウンターには想像していた長蛇の列もなく。
Webチェックインは済ませていたので荷物を預けるだけであっけなく終了。
昨日の便は欠航ではなく「18時間遅れ」にてこの日の朝に出発、、、(汗)
空港で時間を潰しながら搭乗を待つ。
あれ?普通に出発???
そして搭乗時間が来て、、、、あら?普通に出発しちゃった(汗)
無事にトラーパニの家まで到着

と、本当に大きな問題もなく地震後の旅行が進みました。ただ、1日でもずれていたら電車が動いていなくて羽田から移動できなかったり、飛行機18時間待ちになったり、、、大きなトランクを抱えて右往左往するところでした。本当に幸運だったとしか言いようがありません。

一緒に旅行をしていたC氏を無事にイタリアに届けたい、、、という一心でしたが、日本人の私はこの状況を見つつイタリアに戻れた、と手放しで喜べない心境です。

こんな大惨事にもかかわらず、黙々と作業を進める日本人、大きな悲しみを抱える被災者も取り乱すこと無く避難生活を送り、、、物資を買い占めることもなく、停電で信号が消えても秩序正しく運転する、節電に協力する、、こんな大災害でも皆が一刻も早く普通の生活が戻るように日本国民全体が一丸となって復旧に取り組んでいます。今まで日本のマイナス部分を多く見てきたと思っていた私ですが、日本人って素晴らしい!と改めて思いました。そして、自分が日本人であることの誇りを強く感じています。

被災地の方々が1日でも早く普通の生活を送れるよう、、、、そして原発が一刻も早く収束を迎えるよう、、、、祈りを捧げます。

ご心配いただきました皆様、ありがとうございました。C氏も私も元気にイタリアに戻っています。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-03-17 20:16 | Discover JAPAN 2011
京都でお茶屋さん体験♪
f0229410_20572518.jpg


ご無沙汰しております。

いやいや、、、、本当に充実の今回のC氏日本滞在!どうしよ~、、、(汗)と思っていた東京滞在も思いの外充実して、いざ京都に向かいました。今回はタオルミーナのセレブバカンスでもお世話になったI夫妻に、なんと京都のお茶屋さん遊びに招待していただきました!

実はタオルミーナバカンスの時、、、、

「次回日本に来たら是非”ゲイシャ遊び”を!」

と、招待されたC氏。それからと言うもの、、、、行く気満々で(苦笑)私もそんな世界に足を踏み入れるチャンスが無かったので、興味深々。

で、昨晩体験して来ました。

いやいや、、、、やっぱり奥が深いわ(汗)C氏は相当喜んでいたようで、、、、舞妓さん、芸子さんにお酌されて目尻が下がっていました(爆)

現在神戸に移動しました。って、何故神戸、、、、?理由は、、、、ただ単に私も行った事が無かったから。せっかく京都まで行ったのだから、行った事の無い街に寄ってから帰ろう、という事で神戸を選びました。お部屋からは美しい夜景が見え今晩はお部屋でゆっくりしています。

C氏日本滞在、半分が過ぎました。あと1週間、、、、。半分を過ぎた頃からなんとなく「旅も終わり?」と思い始めてくるのは私だけでしょうか??

いやいや、まだまだ半分!後半戦も楽しんできます♪ 旅の記録はイタリアに戻ってから、、、お楽しみに!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-03-09 20:49 | Discover JAPAN 2011
TOKIO滞在満喫中!
f0229410_9551412.jpg


第2回REIの料理教室 in JAPAN、そして、去年の暮れから準備を進めていたVenus et Salus オリーブオイルセミナーも大盛況で終了。ご参加くださった皆さん、そしてお手伝いいただいた皆さん、ありがとうございました!(オリーブオイルセミナー、ブログなどでアップされた方がいらっしゃったら、コメント残してくださいね。)そして無事にC氏も到着!現在、日本滞在を満喫中です♪

東京の滞在は東京タワーすぐ近くのホテル。スカイツリーが騒がれていますが、やはり東京タワーは美しく。。。3年前、大変な思いをした労働ビザをイタリア大使館で手にした直後にも、この東京タワーが「おめでとう!」と迎えてくれた、私にとってはちょっと想い出の場所なんです。

今回の滞在は、東京→京都→神戸→鎌倉、と、第1回目のC氏日本の旅と大してルートは変わりませんが、内容は超充実!東京滞在のみが私のガイドなので全く予定が埋まっていません。東京生まれの東京育ちなのに、すっかり土地勘も無くなりどこに行ったらよいか良く分からない私(笑)

今日は両国の江戸東京博物館に行ったのですがここ、相当面白かったですよ。

てなことで、現在TOKIO滞在満喫中!

アップしたいけれど、そんな時間がない今日この頃。もしやアップが始まるのはイタリアに戻ってから!?それまでにもチョコチョコと更新していきますので、皆さん、気長にお待ちくださいませ♪
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2011-03-05 09:59 | Discover JAPAN 2011