トップ

シチリアの風景と旅、時々日常のつぶやき。*****ピックアップブロガーに選ばれました!↓のマイクをクリックしてご覧ください。
by sicilia_trapani2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
f0229410_23375229.jpg


シチリアのおうちレシピ
佐藤礼子著
(講談社)
全国書店にて好評販売中!

予約はこちらから!

シチリアに住んで7年、シチリアで学んだ料理のエッセンスをREIがたっぷりご紹介。シチリアの風をお届けします♪

********************
シチリアでシチリア料理を学ぶ
La Tavola Siciliana
f0229410_1665147.gif
●REIのシチリア料理教室
●シチリアマンマの料理教室
●ワイナリー見学
●オリーブ農園見学
●塩田見学


ガイドブックに載っていないシチリア美食の旅をコーディネート♪

********************

f0229410_2594278.gif
朝時間.jp 朝美人公式ブログ
「シチリア料理研究家佐藤 礼子のボーノな毎日!」
♪♪♪好評連載中♪♪♪


********************
*REIのシチリア食ブログ シチリアから生中継!*

シチリア食通信 時々イタリア

********************
*REIのブログ色々*

シチリア時間BLOG
(2006~2010)


イタリア料理留学日記
(2004~2006)

********************

★コメントは承認制です。反映されるまでに少し時間がかかります。


★ブログ内の写真及び文章の著作権は本人にあり、無断使用・内容の転載は、商用・個人を問わず、いかなる場合も固くお断りしております。

■「旅とお散歩」に紹介されました♪
*春のギリシャ神殿 セジェスタ
*シチリアは初夏が気持ちいです♪
*エリチェで絶対に見たいもの!
*アグリツーリズモに滞在する極上バカンス
*古代ギリシャの首都 Siracusa(シラクーサ)
*シラクーサで宿泊する ~オススメのホテル Hotel Gutkowski(ホテル グトコヴスキー)~
*シチリアの最西端に行く!リニーの塔
*海の近くの古都 Cefalu' (チェファルー)
*知る人ぞ知るシチリア陶器の街「Santo Stefano di Camastra
*美しきバロック建築が花開くシチリア「Chiesa del Collegio di Gesuiti」
*ギリシャ遺跡とたわむれる♪ 破壊されたギリシャ神殿「セリヌンテ」
*大自然に囲まれてノンビリ過ごすマレッティモレジデンス
*マレッティモ島の街を散策する
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館その1
*シチリア西部のお宝がいっぱい!州立ペポリ博物館 その2 イタリアマヨルカ焼き編
*エリチェのエレガンスな教会 Chiesa Matrice
*春の田舎の散歩道 @ シチリア
*幻のように美しい海 ファビニャーナ島
*サン ビート ロ カーポで凧揚げ大会!
*シチリアのハワイ??Giardini Naxos(ジャルディーニ ナクソス)で「イタリア人式バカンス」を♪
*Vacanze romane!
*ローマの休日
*ローマの休日 総集編
*ローマを一望する サンタンジェロ城
*タオルミーナでセレブなバカンス♪
・ゴージャスホテル編
・街歩き編
・古代遺跡編
*2010年サルデニアバカンス編
*サルデニアの美しい海!
*コスタズメラルダに泊まる
*謎の建造物ヌラーゲ!
*イタリア各地
*東欧との国境の街 トリエステ散策 その3 ~ミラマーレ城~
*Viva!!Giappone!!
*東京見物 その1 ~東京タワー付近 お散歩~
*東京見物 その2 ~「EDO」を知る 江戸東京博物館@両国~




■シチリアのオリーブの木オーナー制度
f0229410_22281821.jpg


カテゴリ
全体
トラーパニの風景(自然)
トラーパニの風景(街)
トラーパニ観光案内
トラーパニでショッピング
シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリア街歩き(パレルモ発)
シチリア街歩き(東海岸)
シチリア街歩き(南東部)
シチリアの島色々
シチリアの陶器の街
シチリア博物館&美術館
シチリアの風景色々
シチリア便利旅情報
シチリアで泊まる
シチリアの歴史
2010年パスクワの旅@Toscana
2010夏のバカンス in サルデニア
2011春の旅トリエステ
2011Xmasホリデー@ウィーン
2012夏のバカンス エオリエ諸島
2012冬ウィーンの旅
番外編:ローマ
旅 日本
私のつぶやき&日常
オススメの本・映画
イタリア住宅事情
Discover JAPAN 2011
Pray For JAPAN
シチリア本出版
ご挨拶
お知らせ
未分類
最新の記事
3年ぶりのお引越しです☆彡
at 2013-04-22 18:57
シチリアはすっかり夏?
at 2013-04-19 22:55
ポカポカシチリア♪
at 2013-04-04 01:13
今年もパスクワ(復活祭)の大..
at 2013-03-30 05:50
イタリア統一の発祥地?ガリバ..
at 2013-03-25 20:54
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
青木純の歌う食べる恋をする
ユキキーナの日記
パンダ通信
パリ近郊のカントリーライフ
スプーモと海
フィレンツェ田舎生活便り2
8階のキッチンから   ...
kaleidoscope...
北イタリア自然派生活
Miho's Sweet...
海外出張-喜怒哀楽-
YPSILONの台所 Ⅱ
ものづくり日誌
「自分でつくるレストラン...
シチリア食通信 、時々イタリア
aroma di caffe
絵と毎日とおしゃべりと。
地中海の島がえり
La Tavola Si...
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:シチリア街歩き(トラーパニ発)( 33 )
カーニバル、カーニバル、カーニバル!
先週はカーニバル週間だったイタリア。

トラーパニではカーニバルに大きなイベントがないので、毎年、

「ふ~ん。。。」

という感じで過ぎていきますが、ヴェネツィア近くに住んでいる方は、きっと一大イベント!という感じなのでしょう。

今年はトラーパニの隣にあるパチェーコという街で、カーニバルの神輿???が開催される!というので、どんなものかなー、、、と思い、見に行ってみました。

どうせ大したことないんだろうなー、、、、と思っていたら、まずすごい車と人にビックリ!駐車する場所がなくて、探す事約30分(涙)ようやく駐車して神輿を探しに、、、、。

あ、いたいたっ!

f0229410_23423741.jpg


シュ、シュール、、、、(苦笑)

巨大な神輿は1台ごとにテーマがあって、それにちなんだ仮装をした人達が回りでダンスを繰り広げます。

f0229410_2349924.jpg


むむ??これは一体、、、、??

f0229410_23524538.jpg


あ、スマーフ!(イタリア語では”puffi(プッフィ)”と呼びます。)

という事は、あの青い小人達は、スマーフだった、、、ふふふ、笑える(笑)

f0229410_062371.jpg


むむむ?この緑頭の軍団は、、、???

f0229410_091676.jpg


意味不明、、、、(笑)

カーニバルって、私の頭の中では子供が楽しむものだ、、、って思っていたんですが。(ヴェネツィア以外)大人もしっかり楽しむものなんですね~。

f0229410_0121375.jpg


いや、よ~く見てみると、楽しんでいるのは大人なのかも(笑)微妙に新しい発見だった今年のカーニバルでした。

f0229410_0202478.jpg


それにしても、道を埋め尽くす人、人、人、、、っ!第1回目カーニバル開催にしては十分な盛り上がりだったパチェーコの街。ヴェネツィア、ヴィアレッジョ、アチレアーレ、シャッカ、、、カーニバルで有名な街の盛り上がりはすごいんだろうな~、、、。いつか行ってみたい気もするけれど、これ以上の人混みは、、、耐えられないかも(笑)
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2013-02-12 00:23 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
サンビート ロ カーポのドォーモ
f0229410_23463982.jpg


サンビート ロ カーポの中心地のメインストリートを歩いていると、突如出てくるこの真四角な建物、これがサンビートのドォーモ。どうみても教会っぽくないこの建物、、、それもそのはず。この建物は15世紀に要塞として建てられたものが後々、教会として使われるようになった、とのこと。海沿い、尚且つ数キロに渡る長~い海岸が続くサンビートはいつでも、他民族からの脅威にさらされていたのでしょう。

f0229410_23513860.jpg


教会内部はこざっぱりとした印象で。建物自体は相当古いですが内部は修復されています。

f0229410_2353777.jpg


祭壇のこの作品は、サンビート近辺で採石される大理石と漆喰を使った、これまた15世紀の作品だそうです。大理石はおそらくCustonaci(クストナーチ)というトラーパニとサンビートの中間辺りに位置する大理石の山から採石されたものでしょう。15世紀~16世紀にかけて、トラーパニ近辺にはとても優秀な彫刻家が多く存在していたそうです。トラーパニのパスクワの行進のためのミステリもこの時代の彫刻家によって作られています。(ミステリは木の彫刻作品ですが)

いずれにせよ500年もの時を越えて、修復を繰り返しながら今の時代にも使われている、そしてサンビートなんていう小さな街にもそんな作品がある。そんなところがイタリアの本当に素晴らしい部分だな~、と毎回思わずにはいられません。

f0229410_23585319.jpg


こちらは現代の解釈の絵画。キリストが十字架に張られる場面です。キリストの下ではマリアが泣き崩れ、キリストを大勢で十字架に張りつけようとしています。手にトンカチみたいなものをもつ人、足と手をを縛るための紐をもつ人、キリストを支える人、十字架を支える人、、、そしてマリアの隣には何故か薄ら笑いを浮かべる人あり、とちょっと気味の悪い絵です。背景の赤のせいか、私にはなんとなく地獄絵図に見えてしまいます。祭壇のエレガントな彫刻とちょっと対照的でなんだか不思議な空間を醸し出しています。

f0229410_051645.jpg


サンヴィート ロ カーポの街の守護神はもちろん

「San Vito(サン ヴィート)」。

教会の地下にはサン ヴィートのお墓があるそうで。聖人は「実在の人物だった」と言われるのですが、聖人にまつわる話を聞いていると、とても実在の人物だったとは信じられない私、、、でも、こうして各地に聖人のお墓があるという事は、きっとモデルになった人はいるのでしょうね、多分。サンビートは密かに陶器の街でもあり。修復された時に貼られたであろうタイルがシチリアっぽくてかわいいのです♪

そして、季節がら、、、、

f0229410_0101455.jpg


いました、いました、プレゼピオ。
キリスト誕生の場面を再現したジオラマ。丸みを帯びた人間達がちょっとコミカルな感じで♪ プレゼピオというと現実感を出すために人間や羊達がやたらリアルで怖かったりもするのですが、サンビートのはとっても優しい印象で。25日を過ぎていたのでキリストもきちんと置いてありました。

サンビートのドォーモ、教会内部に入った事は何度もあったのですが、こうしてじっくり見てみたことはなかったかもしれません。それはきっと、夏の観光客で賑わう季節に入ったからかも、、、。冬にだ~れもいない教会をこうしてじっくり見ると、なんだか印象が変わるものですね。

f0229410_0145965.jpg


こちら、、、サン ヴィートさん??

子供のように見えるのですが、、、。サン ビートに関してもきっと逸話があるはずなので、時間がある時にでも調べてみましょう。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-12-28 15:22 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
12月26日 祝日のサンビート ロ カーポ
f0229410_1719966.jpg


12月25日のクリスマスが終わった、、、と思うと、12月26日はサント ステファノの日でこの日も祝日のイタリア。24日夜~26日までが「お食べ地獄」、、、な訳ですが、さすがにここ数年、私達は26日の晩餐は遠慮して。家でゆっくりと過ごす事にしています。

「ロシアではマイナス30度、シベリアではマイナス50度、、、北ヨーロッパは大寒波に襲われています。」

テレビで流れるニュースとは裏腹にここシチリアは最高気温も18度くらいと、暖かいクリスマスとなりました。昨日も、天気が良かったので、

「海でも行く??」

という事で、夏にはお馴染みのサンビート ロ カーポにお弁当(クリスマスの晩餐の残りもの・笑)を持って出掛けました。

サンビートの海は冬でも晴れた日はとっても澄んでいて美しく。海岸沿いをしばし散歩。ここ数日の食べ過ぎ解消、、、には全く及びませんが(笑)この後、ちょっと曇ってきて肌寒くなったので、海岸沿いに車を泊めて車の中でランチタイム。私の車は見事なオーシャンビューのトラットリアとなりました(笑)だ~れもいない穏やか~な海を見ながらのお弁当。贅沢♪

この時期のサンビートはホテルやB&Bはほぼ全部休業中。チェントロの海に一番近いところでトラットリアが数軒とバールが数軒開いているのみ。ささやかながらにイルミネーションは灯っていたので、夜になると人が集まるのかもしれませんね。夏はスーパー観光地となりバカンス客で埋まるサンビート。人のいないサンビートは、人混み嫌いの私としてはちょっと嬉しく。

冬のシチリアの海もこれまた美しき。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-12-27 17:31 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
冬のエリチェ
f0229410_382384.jpg


標高750メートルにある山の上の街エリチェの冬は厳しく。

今日のエリチェは気温4℃。北風がビュービューと吹いていたので体感温度は0℃並みでした。夏はこれでもかー、というくらい人が押し寄せて込み合うエリチェですが、冬のエリチェはひっそり。クリスマス前、そして日曜日という事もあって、悪天候でもそれなりにお店は開いていましたが、この時期、夏のように込み合うことはまずありません。

しかし、私は冬のエリチェも意外と好き♪

ピーンと張りつめた空気、誰も歩いていない石畳、人の声も全くしないエリチェはすごくもの悲しく、しかし美しく。特に夕暮れ時、オレンジの街灯が灯り始める頃、街全体がオレンジ色に染まり。夏には味わえないエリチェの美しさを堪能する事ができる冬のエリチェ。

写真の広場には毎年クリスマスツリーが飾られるのですが、今年はトラーパニ同様、経費削減のためエリチェもクリスマスツリーもイルミネーションも無し。でも、エリチェは街の街灯がイルミネーションみたいで。やっぱりいつの季節もそれぞれに美しいエリチェなのだ。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-12-10 03:05 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
クスクスフェスティバル2012! @ サンヴィート ロ カーポ
f0229410_17524460.jpg


エオリエ諸島バカンス記真っ最中ですが、ちょと休憩で。

毎年9月下旬にサンヴィート ロ カーポで開催されるクスクスフェスティバル。今年で15回目を迎えるそうです。

毎年毎年、その規模は拡大し、メインストリートに出展されるシチリア名産品のスタンドもどんどん増えてきています。ビジネスの臭いがプンプンするのも確かですが、、、、やはり1年に1回のお祭り!それも楽しんでしまえ!という事で今年も行ってきました。

クスクスフェスタは夏の終わりを告げ、これが終わるとサンヴィートも段々ガラガラになってくる、そして秋風が吹き始める、、、というのが毎年恒例なワケですが。

現在、アフリカからの風シロッコが猛威を振るうトラーパニ地方。9月下旬だというのに連日35度を超す真夏日となっています。が、昨晩のサンビートはちょっと異常で、、、。23時の気温はな、なんと、、、

36度、、、、、、っ!

11時じゃなくって23時です、、、、こんな暑いクスクスフェスタも初めて!というくらい暑い、、、(汗)砂浜では南風が砂を巻き上げて

「ここは砂漠か!?」

異国情緒たっぷりの今年のクスクスフェスタでした(笑)

さて、せっかくだからクスクスを食べよう。10ユーロでチケットを購入すると、クスクス1皿とグラスワイン(ん?プラスチックコップワイン?)、それに小さなドルチェが一つもらえます。参加国は世界全国、クスクスが食べられている国。チュニジア、セネガル、モロッコ、ブラジル、コートジボワール、、、そしてトラーパニの色々な種類のクスクス。今年最初に選んだのはこの列↓。

f0229410_17581567.jpg


強風で看板がガクっと落ちていますが(笑)

Costa D'Avorio(コスタ ダヴォリオ)の「ピリ辛 野菜のクスクス」。

ところで、Costa D'Avorioって、、、どこの国だか分かります?毎年クスクスフェスタに来ているこの国。アフリカだ、という事は分かっていたけれど、実際にどこなのかなぁ~、、、と思って今朝調べたところ。なんと日本名「コートジボワール」だった、、、、(驚)そしてよーく考えてみたらCosta D'Avorioが「象牙の海岸」という意味であったことにも、今朝気がついた!Wikiで調べてみたところ、

「15世紀にポルトガル、イギリス、オランダなど西欧の貿易船が奴隷と象牙の売買に来航した。」

と。ちょっと切ない、、、、。

クスクスを食べるのが楽しみなクスクスフェスタではあるけれど、もう一つの楽しみは現地からやってくる女性達とその衣装!

f0229410_1872536.jpg


こちらコートジボワールのお姉さん。美しいぃぃぃぃぃ~♪ 民族衣装の生地とその刺繍がとっても美しく、お姉さんもどことなくエキゾチックな感じでお美しかったです♪

そしてクスクスはこちらっ!

f0229410_18105520.jpg


ゴロゴロとした野菜が美味。クスクス、、、というよりもトマトソース味のカレー、、、という印象も強く(笑)

クスクス自体はマンマのおうちで食べるか自分で作って食べるか、、、その方が絶対的に美味しいのだけれど、クスクスフェスタではクスクスとソースの組み合わせというか。へ~、そんな食べ方もあるのね!的な意味で毎年楽しみなのです。

f0229410_18152343.jpg


お隣はセネガルからやってきた「色々な肉とデーツのクスクス」。



これも美味しそうだったな~♪ リベンジでもう一回行くか!?

f0229410_18215295.jpg


お姉さんにも「いいね!」100連発!(笑)

そしてもう一つ食べたクスクスは、、、

f0229410_18245261.jpg


ブラジルからやってきた「ココナッツミルクと海の幸のクスクス」!これ、もう数年連続食べています♪ 最初に選んだのはC氏で、その時は、

「えー、なんでそんなの選ぶのよー。」

って思ったのだけれど、、、、これがウマかった!クスクス+ココナッツミルク、、、まったく想像もしなかったけれど、考えてみればタイカレーだってココナッツミルク入るし。それと海の幸という取り合わせもまた新鮮で。毎年これは外せない。だからその他に食べるのはたったの1種類になってしまうのでした、、、(苦笑)

f0229410_18291318.jpg


会場内、カラフルな衣装を着たお姉さんがいるだけで異国情緒が漂い、いい感じ♪ しかし、暑いー、暑いー、、、!海の近くの気温が36度だったから、会場付近はもっと暑かったはずー(汗)あまりの暑さに、クスクスに付いてきたワインはホットワインになっていた!(本当ですー・涙)

クスクスを食べた後は、特産品スタンドをフラフラと覗き、あまりの暑さ退散、、、。マジ暑いっす!!!!!

あまりの暑さにボーっとしてきて、パンフレットもじっくり読まなかったのですが、家に戻ってみてみたら他にも食べてみたかったクスクスが数種。ん~、、、もう一度行くか、、、、しかし今日も暑いトラーパニ、、、ん~、、、迷うところだ、、、、。もし行ったらこのエントリーの下に追記します!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-09-29 18:34 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
やっぱり美しい!San Voto lo Capo(サン ヴィート ロ カーポ)の海で極上の休日を過ごす
f0229410_1810924.jpg


今年はなんだかすごく忙しい年。

そんな時こそ息抜きが必要!そこでこのブログではお馴染みのSan Vito lo Capo(サンビート ロ カーポ)で1日バカンスを楽しんできました。

土日はすごい人ごみのサンビートも平日ならゆっくり過ごせる7月。なによりも「平日に休んでいる」、、、というこの優越感は何ものにも変えられず。美しい海をボーっと眺め日々の疲れを癒し、それにも飽きたらお気に入りの本をパラパラとめくる、、、そよそよと吹く海風はシチリアの灼熱の太陽をやわらげてくれ。暑くなったらマリンブルーの美しすぎる海にジャッポーン!気が済むまで泳いだらビーチベッドでお昼寝、、、極上の休日。

美しい風景は心を癒してくれ、そして心を充電してくれます。忙しい時こそ時間を作って休むのも仕事のうち。疲れた体と心では良い仕事ができませんので。こまめに充電、すごく大切です。

えー、さて、、、出版情報です(笑)
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-19 18:12 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
まるで映画のワンシーンのような小さな村 Scopello(スコペッロ)
f0229410_0451526.jpg


聳え立つ岩の上に作られた小さな村 スコペッロ。

ここはかつてマグロ漁で栄えた小さな漁村。海沿いにはTonnara(トンナーラ)というマグロの加工場が16世紀に作られました。その加工場もマグロの減少と共に現在は閉鎖。ひっそりとした海の村となりました。

f0229410_0543783.jpg


5分もあれば一周できてしまうほど小さい村の中心部。日常でありながら非日常、、、、なんだか不思議な錯覚に陥るこの小さな村。

f0229410_0585141.jpg


どこを切り取ってもまるで映画のワンシーン!

f0229410_124527.jpg


そしてこの村から見下ろす海は最高に美しく!

何にもない小さな村スコペッロ。こんな小さな村で美しい景色を見ながらボーっと過ごす事こそ、最高の贅沢なり。
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-07-12 01:04 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
エリチェ散策 教会巡り
f0229410_1365378.jpg


トラーパニの近くの山の上に佇む街エリチェ。

山の上の小さな街にはかつて数え切れないくらいの教会と修道院がありました。今では既に閉まっている教会も多いのが残念ですが。いくつか開いているエリチェの教会は現在ほとんどが有料。1つの教会が2ユーロ程度なのですが、そこで活躍するのが「エリチェ教会周遊チケット」(と私が勝手に名付けました)。5ユーロにて、有料の教会を全て見て周る事ができます。

チケットはエリチェに入ってすぐにあるトラーパニ門をくぐったら左手に見えてくるChiesa Matrice(キエーザ マトリーチェ=エリチェのドォーモ)の横にある塔の下で購入する事ができます。この前行ったら「冬チケット」で見れるのは5ヶ所。塔の上にも登る事ができます。(これも1ヵ所に数えています)時間のある方は是非周ってみてください♪

f0229410_1413658.jpg


しかしいつも思うのは、昔の人ってすごい!という事。スタスタ歩いたら1時間もかからないような小さな山の上の街に、全部で20個近くの教会があるのです。しかもそれぞれ、建立当時は美しかったわけで。

f0229410_1453899.jpg


どうやってここに石を運んできたのか、、、、どうやってこんな高い場所に石を積み上げ、どれくらいの時間をかけて壁に絵を描き、彫刻を作り、、、、そんな事を考えただけで気が遠くなると同時に、ロマンを感じてしまう私。

f0229410_1484313.jpg


今の時代に500年後まで語り継がれる建物があるのだろうか?

コンピューターも無かった時代に完璧な設計で造られた教会達。街の歴史をずっと見守ってきた教会達。いつでもいつまでも同じ場所で佇む教会達、、、、。

6月中旬からは「夏チケット」になるらしく、冬には閉まっている教会が開くそうです♪ そしたら又、行ってみよう!
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-05-12 01:53 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
シチリアに「春一番」が吹き荒れました
f0229410_1511256.jpg


昨日はものすごい暴風で、うっかり窓もドアも開けられなかったトラーパニ。朝、ベランダに出ようと思ってドアを開けたら、、、、ものすごい勢いでゴミが家の中に!急いで閉じましたが、家の中は既にゴミだらけ、、、朝から掃除機をかけるハメになりました(涙)ドアを閉めても雨戸を閉めてもその小さな隙間からホコリやゴミが入ってくる始末。朝なのに暗い部屋で電気を付けて過ごしていました。そんな暴風も夕方になったらウソのようにピタっとやみ。

今日は春の訪れを感じさせるポカポカ日和となりました♪

昨日と打って変わって太陽の下はダウンが既に暑く感じられるほどで、気温も17度くらいまで上がったようです。わーい!

用事があってマルサラの街に行ったのですが、空も真っ青で。

f0229410_1573212.jpg


緑のチェラミカのクーポラが青い空に映えます。

f0229410_1592752.jpg


季節の変わり目のせいか、、、。

暴風の前日から、ちょっと体調が悪く。軽く目眩がするな~、、、と思ったら昨日の暴風。実は私、「お天気女」なのです。低気圧が近づいてくると頭が痛くなったり、体調が優れなかったり。おとといもなんか体調悪いな~、、、、と思っていたら、この暴風。そしてその日にはしっかり風邪も引いちゃって。日本行き直前にして不覚にも熱が出てしまいました(汗)普段は飲まないで自力で治す風邪ですが、今回ばかりは休んでいる場合でもないので、風邪薬を飲んでどうにかやり過ごしています。今日はジムに行って軽く汗をかいてきたので、これからシャワーして早めにベッドに行きます。(ブログ書いている場合じゃないって?笑)

これからどんどん暖かくなってくるであろうトラーパニ。日本から戻ってくる3月中旬には春のお花畑が見れるかな??
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-02-24 02:02 | シチリア街歩き(トラーパニ発)
冬のエリチェ散策
ようやく太陽が戻ってきたトラーパニ!今日は、滞在中のお客様とエリチェ散策に♪ 文句なしの青空でした!!

2週間以上続いた大寒波@イタリア。日本にも届いていたシベリア大寒気団は猛威をふるい、遠くシチリアまで寒い寒い北風を運んできていました。今週はトラーパニではありえないほど寒く、私がここで暮らし始めてから一番の寒さでした。昨日あたりからやや回復してきた天気は、今朝になって完璧に回復!今日は終日青空が広がりました。

海の近くに聳え立つため、いつも霧がかかりがちなエリチェも今日はこの通りの天気。

f0229410_0342842.jpg


霧や雨のエリチェも雰囲気があっていいのですが、2週間ぶりの太陽はやっぱり興奮する!(笑)しかしながら標高750mのエリチェの空気はひんやり~。でも太陽があれば大丈夫。それほどシチリアの太陽の力は偉大なのです。

f0229410_0373584.jpg


夏は人でごった返すエリチェのメインストリートも、冬はこの通り貸切。だぁれもいません。冬のシチリアは、青い海青い空、、、という期待を裏切ることもありますが、観光客もすごく少ないため街の雰囲気を楽しむには最高。真夏は気温も40度超えと激暑なので、夏が苦手な方は意外と冬のシチリアもいいかも。

メインストリートの登り坂の途中には私の古巣もあり。

f0229410_0423481.jpg


お菓子も相変わらずかわいい❤

f0229410_0443314.jpg


メインの広場もひっそりと、、、、。

f0229410_0294097.jpg


それにしても本当に青い空!!

でもちょっと寒くなってきたからBarにてカッフェでも、、、。

f0229410_0474941.jpg


しっかり着こんで新聞読んでいるおじいちゃんがカワイイ♪

さて、エリチェの街をどんどん上に登って行きます。そして一番高い場所から見えるその景色は、、、、

f0229410_0511880.jpg


はぁ。。。。溜息が出るくらい美しい!

エリチェは何度来たか数えられないほど来ていますが、ここから見る景色はいつも美しく。海と空の境目はなく青一色の世界です。こんなに美しい景色が住んでいるところのすぐ近くにあるなんて、本当にシチリアって豊かな土地だな~、、、と。

更に海とは逆側までテクテクと歩く。

f0229410_0575916.jpg


こちらはあたり一面に広がる田園風景。そして、ヨーロッパにはたくさんある「ラピュタの舞台になった、、、」と言われる天空の城。断崖絶壁に建てられたこのお城はビーナス信仰発祥の地とも言われています。

f0229410_115354.jpg


それにしてもいい天気!(しつこい・笑)

トラーパニにしては珍しくパキッ!と晴れた日がなかったこの2週間。太陽が出てくるとそれだけで気分が高揚するものですね。日照時間が少ない土地では鬱病が多い、、、というのが分かる気がします。偉大なる太陽の力。

今日は1日中快晴だったトラーパニ。現在午後5時、まだまだ陽が差しています。日もだいぶ長くなってきていよいよ春近しか??
[PR]
by sicilia_trapani2 | 2012-02-18 00:55 | シチリア街歩き(トラーパニ発)